令和4年度甲斐たいむ

3年次「甲斐たいむ」好文カレンダーコンペティション

 12月21日の3年次の「甲斐たいむ」は,「好文カレンダーコンペティション」を行いました。班ごとに,自分たちが作成したカレンダーのデザインに関するプレゼンテーションを行い,各クラスの代表作品を決めました。好文カレンダー作成の活動を通して,「協働力」や「発想力」を養いました。趣向を凝らしたデザインが数多く見られ,デザインに込めた思いや工夫した点を堂々と発表する姿が,とても頼もしかったです。クラス代表に選ばれた作品は,来年度の好文カレンダーに掲載予定です。お楽しみに!

 

  (生徒の感想)

「使いたい写真の理由をメンバー全員で話し,思いの込もったデザインに仕上がって良かったです。」

「みんなでどの写真を使うのかを考え,柔軟な発想をすることができました。」

「どんな写真にも思い出や思いがあることを学びました。相手の考えをふまえて協働して作ることができました。」

 

1年次「甲斐たいむ」SDGsクラス内発表会

 11月9日の1年次の「甲斐たいむ」は,SDGs達成に向けて取り組みたいアクションを,クラス内で発表しました。また,他班の発表を聞き,自分に取り入れ,より良いアクションについても考えました。

 

生徒の感想

「現実的に実行しやすいアクションはゴミ拾いだと思います。エコバック持参など,日々,心掛けて生活することが社会への貢献になると思うので,小さなことから少しずつ実行できるものはしていきたいです。」

「今回の発表を聞いて『海の豊かさを守ろう』を選んでいる班が多く,やはり石巻は海のイメージが強いと改めて感じました。しかし,ある班が『陸の豊かさを守ろう』を選んでおり驚きましたが,陸を守ることで海もきれいになるという考えを聞いて納得しました。」

「環境に関するゴールが多い中で『質の高い教育をみんなに』について発表があり,これも石巻が抱える課題だと思いました。そのために,高校生と小中学生がインターネットで交流するというアクションは面白いと思いました。それに加えて,私は地域の一人暮らしをしている高齢者とも交流があればいいのではないかと考えました。SDGs探究活動を通して,石巻の抱える課題や,いいところを考えることができました。」

 

3年次「甲斐たいむ」好文カレンダーガイダンス

 11月2日の3年次の「甲斐たいむ」は,好文カレンダー作成のガイダンスを実施しました。毎年作成している好文カレンダーを,来年度版は生徒が作成します。各クラスで担当する月を決め,今後,学校生活,学校行事についてデザインを検討します。柔軟な発想を生かし,グループやクラスで協力し合いながら好文カレンダーを作成します。ご期待ください!!

 

 

 

1年次「甲斐たいむ」SDGsプロジェクト立案

  10月26日の1年次の「甲斐たいむ」は,SDGsプロジェクトと題した活動で,今回で4回目になります。グループごとに,SDGsの目標に基づいたテーマを決め,自分たちにできる具体案を話し合っています。早いところは,まとめに取りかかっていたグループもありました。このSDGsプロジェクトは,11月9日クラスで発表します。

3年次「甲斐たいむ」ビブリオバトル

    10月12日の3年次の「甲斐たいむ」は,5校時はクラス内で,6校時は年次全体でビブリオバトルを行いました。

 6校時の年次全体のビブリオバトルでは,クラスの代表者が発表を行いました。発表者は,アドリブを交えるなど工夫しながら,おすすめの本の魅力を存分に伝えていました。聴衆からはさまざまな質問が寄せられ,終始活発で和やかな雰囲気で幕を閉じました。

 投票の結果,年次のチャンプ本に選ばれたのは,『もしも徳川家康が総理大臣になったら』(眞邊明人・サンマーク出版)でした。早速図書館に行き紹介された本を探している生徒もいました。

 生徒たちは,ビブリオバトルの活動を通し,自分の思いを相手に伝えることの難しさや楽しさを味わっているようでした。この経験をぜひ今後に役立ててください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年次「甲斐たいむ」SDGs事例研究

 9月28日の1年次の「甲斐たいむ」は,地域でSDGs活動を実践しているフィッシャーマン・ジャパンから講師をお招きして,SDGs事例研究を実施しました。

 今回学んだ石巻の持つ資源を有効活用した取組事例を通して,もっと地域社会に関心を持ちましょう。今後,グループごとに取り組んでみたいSDGsプロジェクトを検討していきます。今回学んだ身の回りに起こることを観察し,「なぜ」それが起きるのか考えることから始めてみましょう。

生徒の感想:

「海をただ単にきれいにするのではなく,それを持続させる担い手の育成やそのサポートもしていて,石巻の海は安心で持続可能な海だと思いました。そんな海が身近にあるということを知り,少し誇らしい気分になりました。」

「今回の講話を聞いて,水産業の課題に立ち向かうフィッシャーマン・ジャパンのSDGsへの取組について深く知ることができました。私が住む町の海にもたくさんの課題があり,プロジェクトなどの活動を通して,海を守っていこうと思いました。身の回りの疑問や不安などがあったら,“なぜ”を考えることで,新たなSDGsの課題が見つかると思いました。」

1年次「甲斐たいむ」社会人講話

 9月7日の1年次の「甲斐たいむ」は,地元で活躍している方を講師としてお招きして,社会人講話を実施しました。10名の講師の中から,生徒が希望した講師の方のお話を伺いました。社会人講話を聞いて学んだことを生かして,今後の生き方を考えてみましょう。

 生徒の感想:

 講話を聞いて,これからはいろいろな人と関わりながら生きていこうと思いました。講師の方から,何度も仕事を失って挫折してしまったが,仕事での仲間との関係や,コツコツしてきた努力が今につながっているという話を伺いました。諦めないことの大切さや,仕事一つひとつが大事なのだとわかりました。これからは,より人との関係を大事にしたいです。

2年次「甲斐たいむ」仮説を立てる

 8月24日の2年次の「甲斐たいむ」は,研究のテーマの検討を行いました。7月の大学教授出前講義や夏休み中を利用した情報収集に基づき,テーマが大きすぎないか,調べたらすぐにわかるものになっていないか確認しながら検討しました。

 いよいよ個人研究が始まります。いいテーマを立てることは,いい研究につながります。しっかりと研究テーマを検討しましょう。

3年次「甲斐たいむ」ビブリオバトルガイダンス

   8月24日の3年次の「甲斐たいむ」は,ビブリオバトルのガイダンスを実施しました。「ビブリオバトルとは何か」,「ビブリオ動画の視聴」,「今後の日程」について説明がありました。このビブリオバトルは,表現力や説明する力を鍛えるための活動です。これから,本を読んだり,人に話したりすることが増えていきます。この活動を通して,これらの力を身に付けましょう。

2年次「甲斐たいむ」大学教授出前講義

 7月20日の2年次の「甲斐たいむ」は,石巻専修大学から先生をお招きして,大学教授出前講義を実施しました。前半は先生方が取り組まれている研究について講義を受け,研究するという難しさと楽しさの話を伺うことができました。後半は,自分たちが研究テーマや仮説を立てる際のポイントについてアドバイスをいただきました。

 教育・保育分野の講義に参加した生徒の感想:

「シャインの3つの問いの“何がしたいのか”,“何ができるのか”,“何をすべきか”を明確にして個人研究を進めていきたいと思いました。また,自分で仮定をつくったものを固定した考え方をせずに,一つの視点ではなく三つの視点で考えていけるように頑張ります。」

 今回の講義やアドバイスを参考に,改めて自分の研究テーマについて考え直してみましょう。また,夏休みを利用して研究テーマに関係するいろいろな情報を集めておきましょう。