新着
RSS2.0
4月24日、総合的な学習の時間に河北新報防災・教育室から丹野綾子さんを講師としてお迎えし、全校生徒を対象にシチズンシップ教育特別授業「新聞の読み方講座」が開かれました。この講話で、新聞は最も効率的に多くの情報に出会えるツールであることや紙面の構成を知ることで新聞を5分で読むことができること、そして受験や就職にも役立つことなど多くのことを学ぶことができました。最後に丹野さんは「18歳から選挙で投票することができるということは自分たちの未来を決めることに繋がる。そのためには新聞で情報を集め、今の世の中を知る必要があるので是非新聞に目を通して欲しい。」と語り講話を終えました。 本校では毎日各クラスに新聞が配られているので、今回の講話をきっかけに1人でも多くの生徒が新聞をより効果的に活用することを期待しています。      
4月24日(水),避難訓練を実施しました。仮設校舎になって初めての避難訓練で,生徒は,今までとは違う校舎での避難経路に少し戸惑いながらも,真剣に取り組んでいました。 この訓練から,仮設校舎における避難時の問題点や危険となり得る箇所の確認も行いました。生徒からは,「出口が狭かった。」「階段が今までの校舎より狭いので,危険を感じた。」など,様々な感想が出てきました。実際に経験することで気づくことも多くあり,防災に対する意識を深められた避難訓練となりました。       
4月9日(火)新入生と在校生の初めての顔合わせとなる対面式・部活動紹介が体育館で行われました。対面式では、亀山校長と生徒会長の千葉龍汰さんからの歓迎の言葉に対し、入学生代表の鎌田紘河さんからは決意の言葉があり、高校生活に対する強い期待が感じられました。部活動紹介では、生徒会役員がテレビ中継や番組放送をイメージした進行を行いました。各部活動が趣向を凝らしたパフォーマンスや動画を披露しそれぞれの魅力を新入生にPRしました。 本校は、「好文好武」つまり文武両道を目標としています。好文生としての第一歩を踏み出した新入生のみなさんのこれからの活躍に期待しています。  
  4月10日(水)に、甲斐たいむガイダンスが行われました。2年次の甲斐たいむでは、分野別課題研究を進めていきます。今回の時間では、分野別課題研究の目標や必要性、自己分析について、パワーポイントによる説明やグループワークを通して理解していきました。  まずは、この2ヶ月間十分に基礎講習で土台作りをし、より良い研究をしてほしいと思います。  
 4月8日,新年度の高校生活がスタートしました。午前中は20名の先生方を迎えての新任式があり,千葉龍汰生徒会長より「好文好武」と「あいさつ運動」を紹介する歓迎のことばがありました。 始業式では,校長先生から,心理学者のアルフレッド・アドラーによる「共感・信頼・尊敬を得るための5つの秘訣」を紹介していただきました。①感情を表現する,②良いダメ出しをする,③聞き上手になる,④相手の進歩・成長を認める,⑤失敗を許容する,好文生を心がけましょう。  午後からの入学式では,新入生代表の宮林陽菜さんの宣誓をうけて,新たに201名を本校に迎えました。音楽部による校歌の披露と入退場時のマンドリン部・吹奏楽部の演奏で,式に華を添えることができました。新体制の好文館を,どうぞよろしくお願いします。