新着
RSS2.0
4月9日(火)新入生と在校生の初めての顔合わせとなる対面式・部活動紹介が体育館で行われました。対面式では、亀山校長と生徒会長の千葉龍汰さんからの歓迎の言葉に対し、入学生代表の鎌田紘河さんからは決意の言葉があり、高校生活に対する強い期待が感じられました。部活動紹介では、生徒会役員がテレビ中継や番組放送をイメージした進行を行いました。各部活動が趣向を凝らしたパフォーマンスや動画を披露しそれぞれの魅力を新入生にPRしました。 本校は、「好文好武」つまり文武両道を目標としています。好文生としての第一歩を踏み出した新入生のみなさんのこれからの活躍に期待しています。  
  4月10日(水)に、甲斐たいむガイダンスが行われました。2年次の甲斐たいむでは、分野別課題研究を進めていきます。今回の時間では、分野別課題研究の目標や必要性、自己分析について、パワーポイントによる説明やグループワークを通して理解していきました。  まずは、この2ヶ月間十分に基礎講習で土台作りをし、より良い研究をしてほしいと思います。  
 4月8日,新年度の高校生活がスタートしました。午前中は20名の先生方を迎えての新任式があり,千葉龍汰生徒会長より「好文好武」と「あいさつ運動」を紹介する歓迎のことばがありました。 始業式では,校長先生から,心理学者のアルフレッド・アドラーによる「共感・信頼・尊敬を得るための5つの秘訣」を紹介していただきました。①感情を表現する,②良いダメ出しをする,③聞き上手になる,④相手の進歩・成長を認める,⑤失敗を許容する,好文生を心がけましょう。  午後からの入学式では,新入生代表の宮林陽菜さんの宣誓をうけて,新たに201名を本校に迎えました。音楽部による校歌の披露と入退場時のマンドリン部・吹奏楽部の演奏で,式に華を添えることができました。新体制の好文館を,どうぞよろしくお願いします。  
 3月18・19日、約半年にわたるコカ・コーラ英語プログラムのまとめとして、東京研修に行ってきました。1年次23名、2年次13名、計36名の有志生徒が、1泊2日の研修プログラムに参加しました。  初日は、午前中に新幹線で東京まで移動し、午後は「東京アメリカンクラブ」内で研修を行いました。9名ずつの4グループに分かれ、留学生とコミュニケーションを取りながら、2日目の「将来の夢」をテーマとするプレゼンに向けてトレーニングを重ねます。もちろん、この間のやりとりも、すべて英語です!  2日目は、オリンピックセンター内の研修室を借りて、最後のプログラムを行いました。まずは、グループ内で「将来の夢」についてのプレゼンを行います。その後、各グループの代表者4名が全員の前でプレゼンをしました。参加生徒36名、内容も話し方もすばらしい堂々とした発表を見せてくれました。一人ひとりが、これまでの課題と添削を通して培った英語力を発揮してくれたことを、とても誇りに思います。  2日間、頭をフル回転させ、英語漬けのプログラムを駆け抜けた生徒たち。さすがに疲れたのでしょう。帰りの電車の中では、ぐっすりと眠っていまし...
本日修業式が行われました。校長先生からは,特に新年度のお話をいただきました。  「4月からはプレハブ校舎に引っ越しての学校生活になります。不便なところもありますが協力し合いながら学校生活を充実させてほしいところです。また,4月からの部活動の方針が県教委から示され,高校の部活のあり方を話します。通常の学期中は週二日の休みを取ることや,長期休業中には休養期間を設けることなど,大きく変わります。また,個人の自発的な活動を制限するものではありません。詳しくは新年度のホームページで示します。」  さらに,生徒部からは,春休みを過ごすとそれぞれ最上級学年・中堅学年になることの自覚が促され,教務部からは,4月からの学習の取り組みについて話されました。  生徒たちは,春休みと新学期を心待ちにして,希望に満ちた面持ちで儀式に参加していました。