学校の部活動に係る活動方針


宮城県石巻好文館高等学校


1 部活動のあり方


(1)学術・芸術・スポーツに興味・関心のある生徒の自主的・自発的な参加により,各部顧問(指導者)の指導のもと行う。

(2)学校教育の一環として,教育課程との関連を図りつつ,合理的でかつ効率的効果的に指導・運営を行う。

(3)技能の向上のみならず,異年齢との交流の中で,生徒同士や生徒と教師等との好ましい人間関係の構築,学習意欲の向上や自己肯定感,責任感,連帯感の涵養などを通して,部活動の場が生徒の多様な学びの場となるようにする。

(4)生徒の身体的心理的発達段階を考慮するとともに,それぞれの生徒の特性に配慮した指導を行う。

(5)部活動も教育の一環であることを踏まえ,本校の校是「甲斐ある人といわれなむ」 の体現を目指す。

 

2 休養日及び活動時間等の基準

 成長期にある生徒が,運動,食事,休養及び睡眠のバランスのとれた生活を送り,学習・部活動などの学校生活と,学校外の活動とを併せて充実したものとすることができるよう,部活動の休養日等について具体的な基準を設ける。

【具体的な基準】

(1)学期中

① 週当たり2日以上の休養日を設ける。平日は少なくとも1日,土曜日及び日曜日(以下「週末」 という。)は少なくとも1日以上を休養日とする。
② 週末に大会参加等で活動した場合は,休養日を他の日に振り替える。
③ 定期考査1週間前(土日含む)及び定期考査中(最終日は除く)は部活動を休止する。大会等がある場合は,校長への届け出により部活動を行うことができる。

(2)長期休業中

① 学期中に準じた扱いを行う。
② 生徒が十分な休養をとることができるとともに,部活動以外にも多様な活動を行うことができるよう,ある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。

(3)1日の活動時間

① 平日は2時間程度,学校休業日(学期中の週末を含む)は3時間程度とし,できるだけ短時間に,合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。

(4)朝練習

① 原則禁止とする。
② 大会やコンクール等の前など特別な事情があると校長が認めた場合のみ,限定的に朝練習を行うことができるものとする。その場合,学習が始まる前の時間帯であることを考慮した内容や強度となるよう計画する。

※「ハイシーズン」の設定

 大会やコンクール等の前に,「ハイシーズン」として休養日を少なく活動した場合は,それ以外の時期にその分の休養日を確保する。その際には,恒常的にハイシーズンとならないように,生徒の教育上の意義,生徒及び顧問の負担軽減の観点から,参加する大会,コンクール等を精査する。

3 活動計画の作成

(1)顧問は「学校の部活動に係る活動方針」を踏まえ,年間を見通した活動計画を作成して休養日を確保するとともに,保護者,外部指導者に説明し,理解を求める。

(2)活動計画を作成するにあたっては,効果的・効率的な活動となるよう内容を精選するとともに,学校行事や学習への影響を考慮する。

(3)顧問は,年間の活動計画(活動日,休養日及び参加予定大会日程等)並びに毎月の活動計画及び活動実績(活動日時・場所,休養日及び大会参加日等)を作成し,校長に提出する。 ただし,年間の活動計画並びに毎月の活動計画及び活動実績は,部活動休養設定確認表並びに月間計画に代えることができる。