新着
1年次の甲斐たいむ「自己発見研究」の目玉である社会人講話が9月5日5・6校時に各教室で行われました。今回ご講演いただいた講師の方々は本校ОG・ОB8名を含む計13名。それぞれ医療・教育・公務員・観光・デザインなど,様々な分野の第一線でご活躍されています。  生徒たちは2名の講話を真剣なまなざしで聴き,ワークシートに収まりきらないほど講師の方々のお話のメモを取り,これからの進路選択に生かそうとしていました。生徒にとって,普段なかなか聞くことのできない貴重な機会となりました。講師の皆さん,本当にありがとうございました。  以下に生徒のレポートの一部を抜粋し,掲載いたします。     好きなことを仕事にしたい。でもすべてうまくいくとは限らない。これから起こるかもしれないことに対しての不安がたくさんありますが,「どんな仕事でも人の役に立つ」という言葉にとても勇気づけられました。将来のことはまだ決まらないことばかりですが,人のためになる仕事に就けたらいいなと思います。本当にありがとうございました。 R・Oさん    木村さんの講話を聴いて,高校時代にしておくべきことに気づかされました。 それは常に笑顔で,周りを気...
ブログ
09/12
パブリック
 9月12日(水)第5回同窓会役員会が、本校同窓会室で行われました。  今回の役員会では、平成29年度事業報告・決算報告、平成30年度事業計画案・予算案、9月29日(土)に行われる総会について協議されました。 役員会後、今年度学年当番さん方と総会準備会が行われ、予算案、次第、係分担等詳しく説明し、検討されました。いよいよ総会に向けて準備もほぼできつつあります。今回のアトラクションは、学年幹事会でも紹介しましたが、劇団四季研究所46期生として入所、「キャッツ」「アイーダ」など様々な作品において、主要キャストで出演された、金平真弥さんです。現在は、仙台にて音楽カフェ経営と音楽の指導をされています。是非ご参加ください。  
  9月7日から10日にかけ開催された県新人大会で、本田姫星(1年)が見事、満天下に示す優勝を飾った。秋雨前線の影響で今にも泣き出しそうな空の下、午前中の予選は5m07の記録で悠々と通過を果たし、決勝でも5回目の跳躍で、事前ランキング上位の選手を凌駕する5m40のジャンプで逆転を果たした。(女子走幅跳は8日開催)この収果には平素からの鍛錬は当然、「強くなりたい」と思う本人のメンタルによるところが大きい。またアドヴァイスを素直に受け入れる態度が今回の成績につながった。特に同じ種目を専門とする、7mジャンパーの兄(3年:県総体優勝)からの助言を金言の如く大切にし、実戦舞台の最大の武器とした。「兄弟牆に鬩ぎ(けいていかきにせめぎ)」の場面もあったが、その実は「きょうだい共に手を携え頂点に立つ」であった。
9月3日・4日の2日間にわたって、コカコーラ英語コミュニケーションスキル研修プログラムが行われました。有志生徒40名を対象にした本プログラムの醍醐味は、生徒が講師とのやりとりをすべて英語で行うところにあります。そこには、世界中からやってきた留学生を相手に、日々の授業で学んだことを活かしながら、必死に話を理解しようとする生徒たちの姿がありました。 ある生徒によれば、「正直、昨日はかなり疲れました。でも、全部終わったときには、達成感がありました。こんなに疲れたのは(頭の中に)英語で、どんどん情報が入ってきたからだと思います。昨日の夜、英語で話しかけられる夢を見たくらいですから」とのこと。 生徒たちにとっては、普通ではできない貴重な体験となったようです。このような企画の実現に協力してくださった皆様に、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。
ブログ
09/03
パブリック
 猛暑を吹き飛ばすかのような活動をしていましたか、夏の締めくくりとしてリボーンまつり2018に参加しました。その時の様子がこれです。またしても屋根が少々低くて頭がぶつかりそうになっています。そしてそのあと、あの「やっぺえたいそう」の収録にも参加させていただきました。部員も童心に帰って楽しそうに踊っていましたが、その様子を見ていた男の子が一緒に踊りだすなどのハプニングもあり、非常に楽しいものでした。この様子は10月7日から10月いっぱい毎週日曜日NHK総合で午後6:42~6:44に放送される予定です。突発的ニュースが入ればもちろん放送されないこともありますが、皆さんよかったらご覧になってください。さらに秋にもたくさん活動が予定されています。秋のピーナッツの活動も楽しみにしてくださいね。
私たちは8月28日に台湾高雄医学大学合唱団のみなさんと交流会を行いました。最初に驚いたことは日本語が上手なことです。合唱団のみなさんが、元気にハキハキと「こんにちは!」と校長先生に返しているを見て、日本人として挨拶を大切にしていこうと思いました。 合唱団の皆さんの演奏は50人という大人数での演奏だったので大迫力でした。また、合唱だけでなく振り付きで、目と耳の両方で楽しめる素敵なステージでした。 合唱団の演奏のあとは、本校の合唱部・マンドリン部・吹奏楽部のステージ発表を行い、最後は全体合唱で「花は咲く」。合唱団の方々の間に好文生が入って歌わせていただきました。 言葉や文化、国は違えど、音楽を通して会場が一つになったことがわかりました。 今回の交流会では国を越えての交流であったので、私は始終緊張していましたが、合唱団のみなさんが日本を大切に思って下さったこと、私たち自身楽しんでいただくために全力で演奏していて、相互に思い合う思い出に残る交流会になったと思います。音楽を通して、また交流会をしたいです。
  本日の甲斐たいむでは、10月24日に行われる中間発表の準備が始まりました。 中間発表では、生徒たちは自分で考えた{論題(テーマ)}をもとに、自分なりの予想・予測である{仮説}を立て、その論題を明らかにするために必要な{研究方法}について発表します。 論題はある程度小さく絞り込んだものにしなければならず、論題をつくること自体生徒たちにとっては初めての経験です。生徒たちの論題を見ていると、面白いところに目をつけるなと、驚いてしまう論題などもいくつか・・・。 次回の甲斐たいむでは、「論理的思考力」育成の要である、研究方法について具体的に考える時間となります。どのような方法で、論題を明らかにしようと試みるのか、、、今から楽しみです。
ブログ
08/29
パブリック
8月27日、夏休み明け全校集会が開かれました。 夏休み明け久しぶりに登校した生徒たちは、日に焼けた生徒も多く、部活に熱心に取り組んだ様子がうかがえました。 校長先生のお話では、生活の中、身近な部分に目をつけていくと興味関心が広がりますとのお話で、生徒たちは決意新たに今後の学習に取り組もうとする姿勢が見られました。  
お子様に実りある高校生活を ご家庭の経済的負担を軽減すべく,国より学費の一部が支援されます。保護者の納税額により支給の可否があり,申請が必要です。受給資格が認定された場合,授業料相当額が支援されます。 1)制度名称 高等学校等就学支援金 2)対象世帯 市町村民税所得割額が30万4,200円未満 3)支援金額 授業料の月額相当額 4)支援方法 県が代理受領 5)申請時期 入学時及び6月ごろ ※ 生徒・保護者に金銭等の支給はありません。   申請方法 入学時申請 合格者説明会で説明・資料配布します。入学時に下記をご提出ください。 1)学校配布の「高等学校等就学支援金受給資格認定申請書」 2)保護者全員の「市町村民税所得割額が記載された書類」もしくは「マイナンバーカード」 ※ 配偶者収入が100万円以下の方:配偶者控除適用が証明できれば課税証明書の提出は不要 認定された場合,4~6月分の支援金を授業料として県が代理受領します。 継続申請 6月頃に県より周知され,資料が学校から配布されますのでご提出ください。7月1日を基準に,受給資格認定が行われます。認定された場合,7月~翌年6月分の支援金を授業料として県が代理受領します。 ...