新着
10月9日(水)午後,本校体育館で劇団銅鑼の「いのちの花」公演が行われ全校生徒が鑑賞しました。劇団のパンフレットに従い,あらすじを紹介します。                                                                                           「劇団銅鑼」提供  『青森県立三本木農業高校。その敷地面積は,東京ドーム11個分! その広い広い大地と青空の下,希望に胸を膨らませて動物科学科に 入学したマナミたち。1年目は寮生活。可愛い制服を着ることもなく, 毎日作業着で,早朝から糞の臭いにやられながらも家畜たちの世話に励む日々。 そして,東日本大震災 ある日,見学に訪れた動物愛護センターで,殺処分された動物たちの骨が 「ゴミ」として捨てられていることを知る。 自分たちにできることはないだろうか?疾走する5人の女子高校生の真実の物語。』  非常に難しいテーマを抱えながらも,女子高生が家畜の世話に真剣に取り組む姿にユーモアも交ぜながらいきいきとした姿が演じられました。その中で家畜,ペット,そして人間にもつながる「生命の重さ」への問い。行動。感動。 休憩なしの約100分の公演でしたが,真剣な鑑賞態度でした...