公式ブログ【日々是好文】

陸上競技部・卒業生送別会

  3月1日(月),卒業式終了後,陸上競技部の3年生送別会を行いました。今年度は,石巻地区総体が中止となり,インターハイも中止となり,宮城県総体は代替大会による開催となる異例のスケジュールとなりました。卒業生の中には,最後に競技を行うことが叶わぬまま,引退を余儀なくされた者も少なくありません。しかし,そのような状況下でも,3年生諸君は,練習に参加して後輩に助言を行い,大会会場に足を運んで力の限り応援してくれました。学校生活に目を向けても,3年生は刻々変化する社会情勢に対応し,自分たちの望む進路を実現させました。送別会では,部員からのメッセージが書かれた色紙と卒業記念品が手渡されました。監督からの餞の言葉にあったように,「高校3年間部活をやりきったことは,将来,大きな財産になる」ことでしょう。石巻好文館陸上競技部で培った知力・体力・友情を糧に,これからの人生を駆け抜けてほしいと思います。

3月1日 令和2年度卒業証書授与式

令和2年度卒業証書授与式が3月1日、本校講堂で挙行されました。晴天に恵まれ、保護者の方々に見守られる中、3年次195名が学び舎に別れを告げました。

担任による卒業生の呼名の後、各クラスの代表が猪股成彦校長から卒業証書を受け取りました。校長式辞では、渋沢栄一の「夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず」という『夢七訓』を紹介し、「幸せを求めるならば夢と強い信念を持ちなさい、そして、掴んだ夢と幸せを世の中のために使って欲しい」というメッセージを送りました。

生徒会長佐藤緋峰さんによる送辞では、部活動や各行事で常に寄り添い、甲斐ある人の実現に努めた卒業生に感謝を述べ、「好文生であったことを誇りに、新たなステージに進んでください。私たち在校生も、伝統を絶やすことなく伝承していきたい」との在校生の思いを代表して伝えました。

これに対し、前生徒会長武山亮さんが答辞を述べました。入学してからの3年間を振り返り、特にこの一年間、「見えない敵と戦いながらも文化祭や体育祭の中でクラスの絆を深め、常に友がいたこととで共に成長できた。進路に向けて、ひたむきに頑張ることもできた。家族の支えに感謝しつつ、これからという未来に向かって羽ばたきたい」との決意を表明し、在校生に「さらに良い学校にしていって欲しい」と思いを託しました。

式の最後には、各クラスから担任、副担任の先生方にそれぞれの感謝の気持ちがサプライズとして語られ、清々しい旅立ちの日となりました。卒業生全員のこれからの活躍を祈念します。

 

 

同窓会入会式 挙行!

令和2年度同窓会入会式が2月26日、本校講堂で挙行され、本校同窓会役員7名の臨席のもと、3年次195名が晴れて同窓会の仲間入りを果たしました。

はじめに、髙橋壽枝同窓会長より、「母校への思いは年月が経つほど強くなる。できることは何かを考え、『心を磨き、身を鍛え』る生き方をして『甲斐ある人に』なってください」との言葉をいただきました。名誉会長挨拶では、猪股成彦校長が、本校の歴史から『娘たちのネービーブルー』(昭和20年卒横須賀白梅隊50名出版)に綴られた先輩の一節を紹介し、「いつまでも歴史ある母校に心を寄せてほしい」とのメッセージをいただきました。

続いて、記念品に袱紗が贈呈され、浅野颯太さんが代表して授与されました。渡邊まつりさんが代表挨拶を行いました。コロナ禍の中、『一致団結』を胸に過ごした困難な一年間を「人との距離を保ちながらも、心を密に通わせ、仲間との絆がより深まった」と振り返り、「新入会者一同、力を合わせて頑張る」との決意を述べました。

 3月1日に控えた卒業式まであと少しです。好文卒業生のみなさんのこれからの活躍を祈念したいと思います。

 

2月26日 第2回同窓会役員会・白梅編集会議

同窓会入会式に続いて、本校応接室にて第2回同窓会役員会と同窓会報『白梅』の編集会議が開かれました。昨年は総会が開催できませんでしたが、会報は6月に発行予定です。是非、同窓生と在校生の活躍の記事を楽しみにお待ちください。

アンサンブルコンテスト県大会 連続金賞!

令和3年1月10日に仙台銀行ホール・イズミティ21で開催された,第54回全日本アンサンブルコンテスト宮城県大会で,石巻地区を代表して出場した本校の3チームは,サックス弦楽8重奏が「金賞」,金管8重奏が「銀賞」,打楽器7重奏が「銀賞」をそれぞれ受賞しました。石巻地区予選に出場したチームすべてが金賞を受賞したことから,県大会でも地区の代表として恥じない演奏ができたものと思います。コロナに負けずに来年の定期演奏会や7月のコンクールに向けてさらに練習を積んでいく決意を新たにしました。

(サックス弦楽8重奏 サックスパート 2年 阿部由奈(蛇田中出身)

 「金賞」を受賞したサックス弦楽8重奏(リハーサル風景)      

   

「銀賞」を受賞した金管8重奏(リハーサル風景)

 

 「銀賞」を受賞した打楽器7重奏(リハーサル風景)