【公式ブログ】日々是好文

平成30年度 日々是好文

全校集会

 12月21日(金)に今年最後の全校集会が行われました。校長先生は、はじめに弓道全国選抜大会に出場する千葉晴香さんに対して激励の言葉を贈りました。その後、宇宙探査機「はやぶさ」の話を話題に挙げ、「大切なことは、はやぶさのプロジェクトリーダー川口さんのように、先が見えなくても、自分を信じ、自分の手で未来を見ようとすることである。」と、改めて生徒に高い志をもつように言葉を投げかけました。また、終わりに、冬期休業となっても、課外講習や、センター試験に向けての学習など、気の抜けない日々が続くため、体調管理には気をつけて、よい年をお迎えくださいと話されました。全校集会後は賞状伝達があり、多くの生徒が表彰されていました。

 

2年次 修学旅行

12月1日から4日間、私たち2年生は修学旅行(1日目:清水寺・金閣寺、2日目:京都市内 自主研修、3日目:奈良公園・USJ、4日目:大阪・コース別研修)に行ってきました。危うい天候でしたが、修学旅行に支障が出るような天候にはならなかったので、ホッとしました。今回の修学旅行では新幹線が2つの車両に分かれたり、部屋決めがぎりぎりになりましたが、みんな臨機応変に対応してくれてスムーズに進みました。また、テスト明けであったにも関わらずみんな元気いっぱいで楽しんでいました。(修学旅行実行委員長 遠藤都杜)

1年次甲斐タイム ボランティア体験活動終了

11月14日(水)、1年次は毎年恒例のボランティア体験活動を行ってきました。第一弾として、弓道部の感想を以下に掲載します。

 

私たち弓道部は、ふたば保育所にボランティア体験活動をしに行きました。活動内容としては、子どもたちと一緒にブロック遊びをしたりサッカー教室を行ったりしました。

ボランティア体験が始まる前は、私たちが「お兄さん」「お姉さん」であり、子どもたちをリードしなければならないと気負っていました。その結果いざ活動が始まると、年代が違うことで、話が合わず戸惑うことがありました。しかし、子どもたちが私たちに積極的に質問をしてくれて、それらに答えているうちに、自然と私たちの緊張はほぐれ、子どもたちと打ち解けることができました。

私たちは半日しかいませんでしたが、保育士はとても体力のいる職業だと実感しました。また、子どもたちが帰り際に「明日もまた来てくれる?」と聞いてくれて、癒やされたとともにやりがいを感じました。今回の活動を通して、改めて自分自身を見つめ直すことができました。これからも引き続き石巻のために私たちができることはないかを検討・実施していこうと思います。                      A ・Gくん

 

同窓会役員会・総会反省会開催

11月9日,13時30分より第1回同窓会役員会が,14時30分より総会反省会が行われました。9月29日に催された同窓会総会での役員改正を終え,新たな体制での役員会となりました。また,当番の昭和55年卒業生,平成7年卒業生を交えた反省会には,来年の当番学年の方々にも参加していただきました。

写真を囲みつつ,話が弾んだ中,事前準備と当日の流れを振り返ることができました。次の総会に向けて,連絡の大切さ等を引き継ぎました。昭和56年卒業生と平成8年卒業生が当番となる来年度の同窓会総会は,9月21日(土)に開催されます。同窓生のみなさま,是非ご参加ください。

ピーナッツ、港湾感謝祭に参加しました!

 震災前は毎回出演していた港湾感謝祭ですが、今年度開催されるということで、喜んで出演させていただきました。巡視船「くりこま」の大きさに驚き、内部を見学させていただいたりしてピーナッツの部員たちも歓声を上げていました。
 今年度、ピーナッツは出演機会に恵まれていましたが、この日のために構成を見直したり、ダンスを新しくするなどして来場していただいた方々にエネルギーをお届けしたつもりです。
人命を救助する海上保安庁のヘリと、皆さんにエネルギーをお届けするピーナッツの写真を掲載させていただきます。

朝の挨拶運動

台風一過、爽やかな秋空が広がる、一年の後半戦はじめの日。PTAの保護者のご協力のもと「朝の一声運動」が行われました。

衣替えの移行期間で、気温も若干高めのこともあり、冬服で登校する生徒の姿は多くありませんでしたが、元気に「おはようございます」と挨拶してくれる様は、今日の爽快な天気そのもの。

勉学にもスポーツにも最適な時期。好文好武を目指す生徒諸君には一層の奮励努力を期待します。

全校集会

 

 10月1日は台風の影響で臨時休校になったため、1日遅れの放送での全校集会となりました。校長先生はまず始めに本日から教育実習に臨む中島大希さんと、今野魁星さんの紹介を行いました。その次に、「秋は実りの季節である。」様々な作物によって私たちは生かされているが、実るのはなにも作物だけではない。秋は今まで努力してきた様々なものが実る季節でもある。色んな事に是非チャレンジをしてほしい。と、生徒に言葉を投げかけました。
 全校集会後は、生徒会役員、各部部長の委嘱式や賞状伝達があり、委嘱式では、生徒会を代表して生徒会長 千葉龍汰さん、運動部は剣道部部長 鈴木勘太さん、文化部は書道部部長 佐伯陽世さんがそれぞれ代表して、決意表明を行いました。これで正式に生徒会、部活動が1,2年次中心の活動となりました。部活動決意表明の様子賞状伝達の様子

コカコーラ英語コミュニケーションスキル研修プログラム

9月3日・4日の2日間にわたって、コカコーラ英語コミュニケーションスキル研修プログラムが行われました。有志生徒40名を対象にした本プログラムの醍醐味は、生徒が講師とのやりとりをすべて英語で行うところにあります。そこには、世界中からやってきた留学生を相手に、日々の授業で学んだことを活かしながら、必死に話を理解しようとする生徒たちの姿がありました。

ある生徒によれば、「正直、昨日はかなり疲れました。でも、全部終わったときには、達成感がありました。こんなに疲れたのは(頭の中に)英語で、どんどん情報が入ってきたからだと思います。昨日の夜、英語で話しかけられる夢を見たくらいですから」とのこと。

生徒たちにとっては、普通ではできない貴重な体験となったようです。このような企画の実現に協力してくださった皆様に、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

台湾高雄医学大学合唱団が来校 交流会を行いました

私たちは8月28日に台湾高雄医学大学合唱団のみなさんと交流会を行いました。最初に驚いたことは日本語が上手なことです。合唱団のみなさんが、元気にハキハキと「こんにちは!」と校長先生に返しているを見て、日本人として挨拶を大切にしていこうと思いました。

合唱団の皆さんの演奏は50人という大人数での演奏だったので大迫力でした。また、合唱だけでなく振り付きで、目と耳の両方で楽しめる素敵なステージでした。

合唱団の演奏のあとは、本校の合唱部・マンドリン部・吹奏楽部のステージ発表を行い、最後は全体合唱で「花は咲く」。合唱団の方々の間に好文生が入って歌わせていただきました。

言葉や文化、国は違えど、音楽を通して会場が一つになったことがわかりました。

今回の交流会では国を越えての交流であったので、私は始終緊張していましたが、合唱団のみなさんが日本を大切に思って下さったこと、私たち自身楽しんでいただくために全力で演奏していて、相互に思い合う思い出に残る交流会になったと思います。音楽を通して、また交流会をしたいです。

夏休み明け全校集会

8月27日、夏休み明け全校集会が開かれました。

夏休み明け久しぶりに登校した生徒たちは、日に焼けた生徒も多く、部活に熱心に取り組んだ様子がうかがえました。

校長先生のお話では、生活の中、身近な部分に目をつけていくと興味関心が広がりますとのお話で、生徒たちは決意新たに今後の学習に取り組もうとする姿勢が見られました。