部ログ~好文好武!(令和元年度より日々是好文に統合)

女子バレーボール部 石巻支部新人大会 優勝

私たちは、地区優勝、県大会ベスト8を目標に掲げ、「己に勝れ」「努力に勝る天才なし」を合言葉に日々練習に取り組んで来ました。

 石巻地区夏季大会では優勝を逃し準優勝でした。その悔しさをバネに,石巻支部新人大会では,すべての高校に勝利し,念願の地区優勝を果たすことができました。

 次は県大会です。応援よろしくお願いします。

弓道部東北選抜大会 個人優勝、射道優秀賞

11月24日に弘前で行われた東北選抜大会で、個人優勝、射道優秀賞をとることができました。

今回は私にとって2度目の東北大会ということもあり、しっかり結果につなげていくという目標をもって大会に挑みました。

直前の公開練習では納得のいく射ができず、焦りもありましたが、先生やマネージャーのサポートのおかげでこのような結果を出すことができました。

12月23日からは岡山県で全国選抜が行われるので、宮城県の代表として自分の力を出し切ってこれるようにがんばりたいと思います。

応援よろしくお願いします。(2年 千葉晴香)

【地区新人大会報告】女子バスケットボール部

 私たち女子バスケットボール部は、11月3・4日に行われた地区新人大会で優勝することができ、目標の1つを達成することができました。私たちはプレー面だけでなく、挨拶や清掃活動と言った行動などもチームで徹底しています。今大会も苦しい状況が続きましたが、多くの方々からの応援のおかげで優勝することができました。そして次は、県新人ベスト8という目標に向けて地区優勝を自信に繋げ、チーム一丸となってまた更に練習に励んでいきたいと思います。たくさんの応援本当にありがとうございました。

 

 

宮城県女子駅伝競走大会 第8位入賞

 晩秋の化女沼を舞台にした、今年最後の大舞台。悲恋伝説のお姫様は、この日は本校に味方され、チームは第8位の成果を得ました。

前半はフレッシュな1年生が、恐れを知らない走りで力量を充分に発揮。襷を受けた後半の2年生は、負けじと粘りの走りを魅せる。白眉は最終区間での石巻同士の激闘。死力を尽くし、先行する石巻高校を軍門に下す大逆転劇。

チームとして個人として、改めて関係各方面に感謝し、今後、更なる高みを目指したいと思います。

 

〔1区〕

今回、繰り上げが10分だと聞き、高校駅伝の時よりもいい走りをしなければならない、と強く思いスタートすることが出来ました。だからこそ、最後まで諦めることなく2区へ襷を繋げ自分のベストを尽くすことができたと思います。

これまで支えてくれた周りの人々に感謝して、これからの大会で良い成績を残せるようにお互い高め合い練習に励みたいです。(1年 下窪彩音)

 

〔2区〕

初めての距離、初めての区間で自分でも驚くほど緊張しました。しかし、1区から襷を受け取った時にかけてもらった「リラックス」という言葉を胸に、先輩たちへ繋ぐことだけを考えて、目標タイムより1分以上速く走ることができました。辛い練習も一緒に乗り越えてきた仲間の存在があったからこその結果だと思うので、これを励みに、皆で練習できる時間を大切に、周囲への感謝を忘れず更に強くなりたいです。(1年 音羽恵里生)

 

〔3区〕

5区間ある中で一番距離が短く、スピードが求められる区間。目標としていたタイムは切ることができ、走り終わったあとは達成感でいっぱいになりました。しかし、後になってレースを振り返ってみるとスピードにのれていないところが多くて練習を生かせず、満足できる走りではありませんでした。

5人とも目標タイムを切り、チームとしては8位入賞することもできましが、今回のタイム,結果に満足せずにもっと上を目指して冬季練習に励んでいきます。(2年 北村有花)

 

〔4区〕

どこか弱気な自分がいた今回の大会。自分で襷が途切れたらどうしようと不安を持ったまま、3区から襷を受け取りました。その襷の重みに責任を感じ、絶対にアンカーまで襷を繋ぐと心に決め走り、高校ベストを出すことができました。全員が想いを1つに走った結果がタイム、順位に表れたと思います。この結果を残せたのは周りの人たち、仲間の支えがあったからです。この感謝の気持ちを忘れずどんどん強くなっていきます。(2年 鈴木穂香)

 

〔5区〕

襷を受け取った瞬間にやる気がメラメラと燃え上がり、4人がここまで繋げてくれた想いを早くゴールまで届けたいと思いました。4人が良い走りをして、好位置で襷を届けてくれたので試走より1分タイムが上がり、チームの目標タイムを更新して8位入賞することが出来ました。冬季に向けてのいいモチベーションを持つことが出来ました。支え、付き添ってくれた先生方とマネージャーさん達に感謝です。(2年 佐藤志保)

 

 

 

【新人大会報告】弓道部 全国選抜大会出場

 11月2日から行われた県新人で、私たちは下記のような成績をあげることができました。

好文館弓道部は、的中にとらわれずに美しい射をめざし日々練習に励んでいます。それが今回射道最優秀賞という形で結果につながったことは、日頃の努力が報われたようでとても嬉しかったです。しかし、個人戦の的中数を見ると、前回の県総体の的中と変わらず、あと1本というところで落としてしまう部分があり、そこは今後の大会や来年の総体に向けて改善しなければならない点だと思います。

 11月23日には東北選抜があり、12月23日からは全国選抜が岡山県で行われます。宮城県の代表である自覚をもって、自分らしい弓道ができるように頑張っていきたいと思います。(2年 千葉晴香)                        

試合結果

 女子個人 準優勝 千葉晴香(東北選抜、全国選抜出場)

 女子個人 射道最優秀賞 千葉晴香

 女子個人 射道優秀賞 生出京香

 女子団体 第3位 石巻好文館

 女子団体 射道最優秀賞 石巻好文館

 

【新人大会報告】空手道部 女子個人形優勝

 11月1日から3日まで石巻市総合体育館において県新人大会が行われました。私は初日の形競技で優勝し,東北大会出場を決めることができました。試合では「勝たなければ」という気持ちから不安でいっぱいでしたが,仲間の応援や家族の支えが力となり,このような結果を残すことができました。この感謝の気持ちを忘れずに東北大会までさらに練習に励み,全国大会出場を目指し頑張ります。(1年 梶原まひる)

 

空手道部県新人大会結果

 女子個人形 優勝 梶原まひる

 女子個人組手軽量級 第三位 佐々木桜未 梶原まひる

 女子団体形 第三位

 女子団体組手 第二位

 女子総合得点 第三位

 

 男子団体形 第三位

 男子団体組手 第三位

 

【新人大会報告】剣道部

剣道部は9月8日(土),9日(日)に支部新人大会,11月8日(木),9日(金)に県新人大会に参加してきました。

支部新人では,初日の予選リーグで男子が全勝を果たし,夏からの練習の成果を現すことができました。2日目のトーナメントでは惜しくも石巻工業に敗れ,3位に終わりましたが,各自が手応えをつかんだ大会でした。女子団体も初日を2勝2敗で終え,翌日のトーナメントでは敗れましたが,ベスト4という結果でした。

支部新人の2日間で得た自信と,浮き彫りになった課題を胸に稽古を重ね,11月の県大会に臨みました。

結果としては男女とも予選リーグで敗れ,決勝トーナメントに進むことはできませんでした。しかし,強豪校相手に臆することなく日頃の部活動で磨いた技や気合いを発揮し,正々堂々と勝負してきました。

支部新人,県新人ともに悔しさの残る結果ではありましたが,この悔しさを忘れずに冬の稽古に励んでいこうと思います。そして来年6月の高総体では必ずや,決勝トーナメントに進出し,上位入賞を果たしたいと思います。

 

【東北新人陸上競技大会】女子走幅跳第5位 本田姫星

宮城県新人陸上競技大会において優勝を果たした本田姫星(1年)が、秋田の地で東北新人陸上競技大会に挑みました。

 各県のベスト4までに入賞した実力ある選手が集って行われる大会ということもあり、ピリピリとした空気のなかで、一回目の試技から5m27というセカンドベストを出し、自分らしい跳躍をすることが出来ました。

決勝まで勝ち進んだ本田は、最後まで力ある試技を見せ、見事第5位入賞を果たすことが出来ました。1年生ながら堂々とした大きな跳躍は他の選手に負けない見事な跳躍でした。

 さて、新人大会が終われば、陸上はオフシーズンに入ります。ここで、実力を培いさらなる成長を遂げ、来年度のインターハイに向けて前進していきます。

 

【県新人大会】陸上競技部 女子走幅跳優勝

 

9月7日から10日にかけ開催された県新人大会で、本田姫星(1年)が見事、満天下に示す優勝を飾った。
秋雨前線の影響で今にも泣き出しそうな空の下、午前中の予選は5m07の記録で悠々と通過を果たし、決勝でも5回目の跳躍で、事前ランキング上位の選手を凌駕する5m40のジャンプで逆転を果たした。(女子走幅跳は8日開催)
この収果には平素からの鍛錬は当然、「強くなりたい」と思う本人のメンタルによるところが大きい。またアドヴァイスを素直に受け入れる態度が今回の成績につながった。
特に同じ種目を専門とする、7mジャンパーの兄(3年:県総体優勝)からの助言を金言の如く大切にし、実戦舞台の最大の武器とした。
「兄弟牆に鬩ぎ(けいていかきにせめぎ)」の場面もあったが、その実は「きょうだい共に手を携え頂点に立つ」であった。

この夏のピーナッツは

 猛暑を吹き飛ばすかのような活動をしていましたか、夏の締めくくりとしてリボーンまつり2018に参加しました。その時の様子がこれです。またしても屋根が少々低くて頭がぶつかりそうになっています。そしてそのあと、あの「やっぺえたいそう」の収録にも参加させていただきました。部員も童心に帰って楽しそうに踊っていましたが、その様子を見ていた男の子が一緒に踊りだすなどのハプニングもあり、非常に楽しいものでした。この様子は10月7日から10月いっぱい毎週日曜日NHK総合で午後6:42~6:44に放送される予定です。突発的ニュースが入ればもちろん放送されないこともありますが、皆さんよかったらご覧になってください。さらに秋にもたくさん活動が予定されています。秋のピーナッツの活動も楽しみにしてくださいね。