2016年6月の記事一覧

マンドリン部定期演奏会のご案内

 いよいよ本校マンドリン部が、7月3日(日)に東松島市コミュニティーセンターにて、 第10回定期演奏会が行われます。
 テーマは「Link」です!! 私たちが作りあげるステージを、ぜひ見にきてください!!
 お待ちしております!!

好文館マンドリン部

  DATE  7月3日(日)
  PLACE 東松島市コミュニティーセンター
  OPEN  13:00
  START 13:30

第10回マンドリン定期演奏会 チケット

防犯講話

 6月29日(水)全生徒対象に防犯講話が、宮城県警察本部 生活安全部 生活環境課サイバー犯罪対策室の安齋俊様を講師として本校体育館で行われました。
 まずDVDを見せていただき、遊び感覚で乗っ取りやなりすましての不正にアクセスすれば処罰の対象となり、家族でも同等の処罰になる場合があることや、親しい間柄でもパスワードを教えることによってトラブルとなるケースがあることを学びました。その他にも、県内や県外高校生等が実際にあったトラブルや炎上の仕組等具体的に教えていただきました。
 最後にスマホ依存度チェック、スマホ依存予備軍チェックの2種類おこない、講師の安齋さんの説明に従い、各自真剣にチェックをおこないました。
 スマホ等については、ほとんどの生徒が持っており、学校内での使用についても決まりがあります。これを機会に、スマホ等の使用について改めて各自が考える良いきっかけとなりました。

3年次甲斐たいむ~ディベートを実践しました!

6月22日5校時,初めてのディベートを行いました。テーマは「優先席は必要である」「ボランティア教育を義務化すべきである」です。

 最初は緊張してぎくしゃくしていた様子もありましたが,次第に慣れてきて「なるほど」と感じさせる意見も出ました。ボランティアや教育の定義を示したり,インターネットで調べた『優先席に座るか?』というアンケートの結果を提示したりするなど,自分の主張を裏付けるための根拠を事前に準備するチームもあり,議論が盛り上がりました。

 ディベートではどちらの意見がより論理的で納得できたのかを基準に判定を出します。今回の判定では,「(優先席があると)妊婦や高齢者の負担が混雑のとき少なくなるという意見が優先席の意義をわかりやすく示していて納得できた」「ボランティア教育(義務化)はボランティアに対する教育を学ぶことを義務化しているだけでボランティアは自らやるものということが変わるわけではないという意見に納得した」などが出ました。ジャッジの判定により選ばれた意見が「正しい」「優れている」というわけではありません。肯定側・否定側の両方の意見を聞いて,自分の考えを深めていきましょう。

 次回は6月29日,テーマは「原子力発電所は再稼働すべきである」「少年法適用を18歳未満に引き下げるべきである」です。どちらも世間で話題となっている社会問題です。自分の意見を持つためには,テーマについて事前に現状や背景を調べておかなければいけません。どんな議論が展開されるのか,結果は次週報告します!

佐藤達君インターハイ出場決める

 6月17日から青森県で行われた陸上の東北総体に、佐藤達君がハンマー投げで、三浦京乃さんが円盤投げで出場し、佐藤達君が5位となりインターハイ出場が決定しました。
今回はインターハイ出場を決めた、佐藤達君にインターハイへの抱負について語ってもらいました。

〈佐藤 達〉
 今大会は、6位までインターハイに出場することができますが、私は幸いにインターハイ出場を決めることができました。しかし、私のパーソナルベスト52M14で、本来ならば負けないライバルに負けてしまいました。敗因は色々ありますが、今大会に精神的なピークをもってこれなかったことだと思います。
 宮城県大会では、あまり調子は良くありませんでしたが、試合当日、感謝したい人の顔や思い出を1つ1つ思い浮かべていたら、とても安心してベストの記録を出すことができました。
 インターハイまで約1ヶ月、悔いの無い練習を行い、東北大会の悔しい経験を無駄にせず、ベストを出した県総体を思い出しながら、臨みたいと思います。また、ここに辿り着くまで多くの仲間が敗れるのを見てきました。私はそういった仲間の思い、家族、チームメイト、友人、学校関係者、地域の方々の支え等に感謝を忘れずに、石巻好文館高校陸上競技部の代表として、精一杯想いをぶつけてきたいと思います。

3年次保健講話

3年次保健講話が6月21日体育館で行われました。「ストレスと上手に付き合おう」をテーマに、本校カウンセラーの岡里美先生から、進路という大きな不安をかかえる3年次生に向けて、ストレスの対処方法などアドバイスをいただきました。ストレスをためやすい考え方のクセを紹介されたときには、自分たちにもあてはまるとうなずく生徒もいました。マイナスな事を考えてしまうときには、プラスに考えなおす事がストレスの対処法になるということで、実際に練習しました。友達に「おはよう!」と言ったとき返事がないと「嫌われたのか・・・・」と感じてしまうところを「声が小さくて聞こえなかっただけかも。今度はもっと大きく言おう」と考えるといいのでは、と言う意見がでました。最後にストレスを予防するためには、3R(リラックス、レクリエーション、レスト)が有効であると話があり、全員でリラックスできるストレッチを体験しました。

〈生徒の感想〉

 私は今ストレスが自分で分かるようなストレスを抱えていないと思っていました。しかし、最近ご飯を食べてもお腹がいっぱいだけど、心が満たされないことがよくあります。ストレスをためやすい考え方のクセでいくつかに当てはまりました。今、実際私にストレスを抱えていて、それが体のストレスサインとして過大につながっているのだと今回の講話で分かりました。
 ストレス予防の3Rを参考に心に余裕を持てるようにして、考え方を変えていけるようにしていきたいです。また、自分にも合ったストレス対処法を見つけたいです。
                             3年1組 渡邊 みのり

今年度初の読み聞かせ活動

 6月21日(火)、私達図書委員会は栄光幼稚園で今年度初の読み聞かせ活動を行いました。私はこれまでも図書委員会としてこの活動に参加しており、その時に教えていただいた事を生かしていこうと意気込んで臨みました。

 4歳児教室と5歳児教室のチームに分かれてどの絵本、どの紙芝居なら子ども達が喜んでくれるか悩みながら選びました。高総体の前から練習を始めていた事もあり、なかなか集まりにくかったりしましたが、昼休みに声の大きさや速さなどを確認しながら少しずつ練習をしていきました。

 当日、休んでしまった人もいたので、そこをフォローしながらの本番でした。緊張して練習通りにいかないところもありましたが、園児達が真剣に聞いてくれたり、帰るときはバイバイと手を振ってくれたりしたのが嬉しかったです。

 読み聞かせは、ただ本を声に出して読むのではなく相手が聞きやすいように、楽しんでくれるように話すので意外と難しいのですが、これは日常のコミュニケーションにおいても大切な事だと思うので見直す良い機会にもなりました。今年度はあともう一度あるので今回の反省点を生かして次も良い活動にしていきたいと思います。

図書委員長 野村優里菜

AED・心肺蘇生法講習会

 6月16日(木)本校職員を対象にAED・心肺蘇生法講習会がおこなわれました。

 この講習会は、毎年おこなわれ、今回も石巻消防署南分署職員2名を講師として救急車が来るまでの救命処置として基本的な心肺蘇生法とAEDの使用について実施しました。

 

 

 

 救急車が到着する時間はその地域によって異なり、心肺停止になった人への措置として救急車が来るまで心肺蘇生法を続けて行うこと、AEDを使用することの重要性について改めて学ぶことができました。 AEDは、本校でも保健室前と体育館に設置しています。

第1回定期考査始まる

 第1回考査が今日から始まり、21日までの4日間の日程でおこなわれます。

 1年次生は11科目、2年次生は文系9教科、理系10教科、3年次生は3教科以外選択科目に応じて受験することになります。授業時間は45分で行われますが、考査は平常、1科目50分で、8時50から12時55分までの最大4コマの考査科目が組まれています。(3年次の選択教科が多いため)

 この考査は、1年次生にとって入学後初めての考査となります。考査に向けて1年次では各教科の目標を書き、教科によっては放課後希望者に学習会を実施し、生徒によっては教科の先生に質問するなどして考査に臨みました。2年次生では放課後、生徒が質問しやすいように教科で教室を設定して対応しました。

 6月11日(土)、12日(日)には学校に登校して、考査に向け一生懸命に取り組んでいた生徒もいました。

本校音楽部が小林武史さんと共演

 本校音楽部が10日、音楽プロデューサーの小林武史さんと石巻市議会議場にて、合唱コンサートをおこないました。当日、リハーサルから小林さんのキーボード演奏に合わせて念入りに行い、小林さんとは今回が3回目の練習とあって部員も意欲的に取り組んでいました。リハーサル終了後小林さんより「これまでの練習で今回がとてもすばらしい。みんなしっかいり上達している。本番も楽しんで歌いましょう」と言われ、部員もたいへん勇気づけられました。

 

 

 

 

 本番では、「石巻我がふるさと」「学園天国」そして小林さんが作曲の「to U」3曲を披露しました。

 小林さんのキーボード演奏に合わせて、沢山の人の前で堂々と披露でき、貴重な体験をさせていただきました。

 

 

 

 

総体報告会 賞状伝達

 生徒会主催の総体報告会が6月8日におこなわれ、各運動部の代表生徒が支部総体や県総体の結果を一般生徒に報告しました。

 今回の地区総体では、女子バスケット、陸上・弓道個人で優勝し、前回の大会では1勝もできなかった部が2勝するなど成果が現れた大会となりました。

 

 

 

 

 

  県総体では、陸上部がハンマー投げで佐藤達君が優勝、円盤投げで三浦京乃さんが3位。接戦の末敗退し東北大会を逃してしまった部もありましたが、選手は勝ちにこだわり、最後まで諦めず戦った大会となりました。多くの部は残念な報告となりましたが、応援生徒への感謝と1・2年次生への期待の言葉でそれぞれ締め括っていました。

 運動部では、水泳部・硬式野球部のみなさんがこれから県大会を迎えます。また、文化部はこれから様々な大会があります。活躍を期待します。

 

 

各部大会の様子等