甲斐たいむ活動報告

2016年10月の記事一覧

2年次甲斐たいむ、「分野別課題研究・中間発表」実施!!

10月26日(水)5校時6校時の2時間で分野別課題研究の中間発表がありました。

短い期間での準備でしたが、生徒たちはインターネットや本で調べるだけでなく、各分野に詳しい人に話を聴いたり、昔と今の変化に関して数値で表現したりと工夫を凝らした研究発表をしている生徒もいました。

発表後は石巻専修大学からお越し頂いた先生方からご指導やアドバイスを頂き、生徒たちから「研究していて悩んでいた部分が解消されました。」・「先生方のアドバイスで今後の研究がはかどりそうです。」と言った感想を聴くことが出来ました。

今後は今回の発表で得た情報をまとめて、各自で設定したテーマ及び仮説を元に更に質の高い研究を進めていく予定です。

それぞれのテーマや仮説と向き合っていくことで、悩んだり考えたりすることかと思いますが、その経験が課題解決だけでなく、一人一人の今後の成長へと繋がっていくことを願っています。

1年次後半戦は、「ボランティア体験活動」!

1年次生「甲斐たいむ」の後半戦は、「ボランティア体験活動」です。生徒たちは、夏休み明けから11月のボランティア活動実施日に向けて、話し合いを中心とした準備を続けているところです。

8月末のガイダンスで、生徒は「好文館のボランティア体験活動」について学びました。東日本大震災で被害を受けた本校は、5年前より国内外から様々な支援をいただいています。それらの支援に対する感謝の念を行動に表わしたいという思いが、2012年から始まった、本校のボランティア体験活動のスタート地点です。さらに、校是「甲斐ある人(真心をもって、世のため人のために尽くす人)と言はれなむ」を実現することが大きな目的です。単なる体験にとどまることなく、様々な情報を収集し、他者と共同して計画を立て実践し、行ったことを整理・分析して表現するという一連の活動を行います。

どんなボランティア活動をするかを考えるために、各生徒は「今、身近で必要なボランティアは何か」というテーマで、自分の身近な人への聞き取り調査を行いました。今年度のボランティア体験活動で特に重視している点が、この「自分たちが、地域から求められていること」という視点です。「自分たちがしたいこと」「自分たちができること」「自分たちが求められていること」の3つの観点に基づき、生徒は自分たちが何をするかを考えていきます。生徒それぞれが調査した結果は、1年次生全員分をまとめた資料として、その後の話し合いに生かされました。

10月前半の2回の「甲斐たいむ」では、それぞれのグループがどこで何をするかを検討しました。生徒たちは「したいこと」「できること」に注目しがちで、「求められていること」という視点から活動内容を考えることが難しかったようです。しかし、年次担当の教員のアドバイスを受けながら、自分たちのボランティア体験活動のアイデアを少しずつ具体化しつつあります。

好文館のボランティア体験活動は、「ボランティア活動をすること」と同様に、「何をするか考えること、計画すること」を重視しています。生徒たちが協力しながら、頭を働かせ、自分たちの思いを形にできる方法を模索していくことで、主体性やコミュニケーションの力が育つと考えています。今年度で4回目を迎えるこの学習活動は、地域の皆様のご協力を得ながら、生徒たちの成長の場となっています。11月11日の実施日には、地域の各所にご迷惑をおかけいたしますが、将来この地域の力になる人材、「甲斐ある人」を育てるという趣旨をご理解の上、ご協力いただければ幸いです。