甲斐たいむ活動報告

2015年5月の記事一覧

在り方生き方研究ガイダンス

4/13(月)のガイダンスでは,高校生活の目標についてグループで話し合い,発表しました。自ら手を挙げて発表してくれた人も居り,とても頼もしく感じました。
4/15(水),22(水)には自己分析を行いました。今までの自分を振り返りながら自己理解を深め,将来の目標に向けて自分が何をしていくべきかを考え発表しました。
始まったばかりの甲斐たいむですが,他人任せにするのではなく,自身で考え,表現していくことの大変さと大切さに気付き始めているようで,嬉しい限りです。

4月~9月は基礎講習

4/15(水)に「社説を読む」という活動を行いました。原発の廃炉について書かれた朝日新聞と読売新聞の社説を読み比べ,内容を把握したあと,自分の意見をまとめて発表しました。

「社説を呼んで」の生徒意見
理想は再生可能エネルギーを活用することだが,廃炉に伴う問題や原発から他の方法への転換期を考えると原発から離れるのは難しい。
廃炉にする一方で,安全で先を見すえた新しい原発を設置するべき。
様々な危険があるので廃炉にすべき。新増設ではなくもっと安全な発電方法を考え,支援した方がいいと思う。

4/22(水)は「情報収集の方法と注意点」として,複数の視点や反対の視点から物事を見ることが重要であることや,引用の仕方,出典を読むことの必要性を学びました。次回からは,興味がある学問分野について調べたり,文献を読んだり,今後の研究の土台になる知識を集めます。後期の「個人研究」にむけて,研究の手法を身につけていきましょう!

自己実現-3年間の集大成

1・2年次の「在り方生き方研究」と「分野別課題研究」で深めてきた興味関心や知識を進路実現に活かしていくために必要となる「論理的思考力,表現力」を育成します。100の思いを100のまま伝えられる力を目指しましょう。
4月の活動では考えを「結論→理由→結論」の流れで伝えるという「論理的なものの伝え方」に焦点を当てました。特に,様々な情報を分類し整理することで,相手にわかりやすく伝えられるようにするための「ロジカルツリー」を紹介しました。「自分の将来の目標」を理由とともに「論理的に」まとめる練習をしましたが,うまく使えていない人もいるようでした。今後も日常的に「相手に伝わるように伝えよう」という気持ちで,表現する練習を続けましょう!

平成27年度「甲斐ある人といわれたいむ」始まる

平成25 年度からリニューアルされた本校の総合的な学習の時間「甲斐ある人 といわれたいむ」が今年度も始まりました。4 月当初のガイダンスでは,今年度 の活動内容が説明されましたが,全体像はつかめましたか? どの年次でも校訓である自発能動を胸に積極的な活動をしてくださいね…

>>続きをPDFで読む