2015年11月の記事一覧

書道部が宮城県高校書道展覧会において、部員全員入賞の快挙を達成!

三浦恵里さん(2年次 石巻市立河南東中学校出身)

 私たち書道部は、5人という少ない人数ですが毎日活発に活動しています。今年度の文化祭では、全校生徒の前で書道パフォーマンスを行いました。今年は新たに袴を着て、昨年よりも大きな紙の作品に挑戦しました。数ヶ月前から全員で意見を出し合い、試行錯誤しながら何度も練習を重ねました。本番では緊張しましたが、息の合ったパフォーマンスで迫力ある華やかな作品ができ上がりました。練習の甲斐もあり、今までで一番良く書けて良かったです。また一般公開の日には、文化祭に向けて作り上げた共同作品や日々の練習の成果である個人作品を展示しました。書道パフォーマンスも展示発表も多くの方々に見ていただく良い機会となりました。

 そして、私たちにとって最も大きな展覧会である「第64回宮城県高等学校書道展覧会」に出品しました。今年は書道展の開催が2ヶ月早まり、学校行事と多く重なり制作が思うようにできず、大変なときもありましたが、顧問の半沢道子先生のご指導の下、一人一人が集中して自分の作品と向き合い、何度も失敗を重ねながら作品を仕上げていきました。私が今回書いた書は、文字のバランスや 配置、潤渇(じゅんかつ:滲みやかすれ)などが難しくとても苦労しました。部員と共に励まし合いながら、めげずに一字一字真剣に書と向き合い、自分なりの作品を完成させました。半沢先生から「特選」に入賞したことを聞いたときは、本当にうれしく思いました。さらに、部員全員が「推薦」「特選」に入賞し、良い結果で展覧会を終えることができました。これからも、さらに納得できる良い作品を目指して練習に励み、来年は部員全員が今年以上の成績を残せるように、頑張りたいと思います。