3年次保険講話

3年次保健講話

尚絅学院大学の内田知宏先生より、「受験期におけるこころの整え方」のテーマで講話をいただきました。

「姿勢や表情を変えるだけでも、気分が上向きになることがある、ということの証明を、身体を小さく丸めた時と、胸を張って手を腰に当てながら、『コロナに負けないぞ』と言ってみることで、力が湧いてくる感覚で実感できました。」

「先生がおっしゃった『比較する習性を上手く利用する』というのは目からうろこでした。」

「弱さをさらけ出すことで強さや成長につなげていくことができることを学びました。」

「気持ちが乱れがちな時は今日の資料を見たり、お話を思い出して気持ちをコントロールできるようにしたいです。」

などの感想を多くの生徒が述べていました。これから受験を迎える3年生にとって、大変有意義な学習の場となりました。