秋季火災避難訓練

 秋季火災避難訓練が10月12日、石巻消防署南分署署員の指導の下でおこなわれました。6校時がはじまった直後西校舎化学室から出火したとの想定で、生徒・職員が通報・避難・消火の訓練にそれぞれ参加しました。

 生徒は、職員の誘導ですみやかに校庭に避難を完了させ、出火から消防署員への避難完了報告までに要した時間は6分余り。怪我のため松葉杖を使用している生徒もいましたが比較的早く整列、点呼終了することができました。
 避難訓練後、各クラスの代表生徒による消火訓練が実施されました。消火訓練では、「火事だ」と大きい声で周りに知らせながら火元へ真剣に消火活動に取り組んでいました。

 最後に南分署署員の方から、「震災を経験しているため、みなさん真剣に取り組んでいたが、今回怪我をしている生徒もいたので、周りの方への支援が必要な場合は積極的に支援してほしい」と指導いただきました。