制服セミナー 健康診断 新体力テスト

 年次制服セミナーが4月13日に体育館で開かれ、講師である宮城トンボ株式会社の高本慎一様から制服の正しい着こなしについて講習を受けました。

高本さんは、「人は見た目が重要で6秒で第一印象が決まってしまい、外見が周囲に与える影響は思っている以上に大きい。一旦決まった印象はなかなか変えられない。」と正しい着こなしの重要性について、スポーツ選手の例等を取り上げながら大変わかりやすく話していただきました。

 

 

 

 全生徒を対象とした健康診断が4月14日午前に行われました。
 今年の健康診断は、身体測定、視力・聴力検査、歯科検診、循環器検診が実施されました。また、今年度新たに四肢検査が行われました。今後、内科検診や眼科検診等実施する予定になっています。

 同日午後から新体力テストもおこなわれました。早朝の雨天でグラウンドが使用できませんでしたが、各種目の測定、記録は運動部の生徒が担当し、ハンドボール投げ、立ち幅跳び、反復横跳び、上体起こしの4種目を予定時間よりも早く終了することができました。今後50メートル走や持久走等は体育の授業で実施されます。