調理実習

 7月19日(火)宮城県高等学校家庭科研究会石巻地区見学会・懇談会が本校で行われ、3年次のフードデザイン選択者を対象に公開授業を実施。
日常の食事~夏の洋風献立~として冷パスタとスープを作りました。昨年実習でパスタを調理しており、今回は応用編となります。

 

塩野教諭自作のレシピを見ながら、どの班も手際よく取り組み、地区の家庭科の先生方の質問にも丁寧に対応。
授業開始から35分後にはすべての班が試食することができました。

 

 

試食中、夏バテ予防として冷たいパスタにはあたたかいスープを合わせるなど、塩野教諭のポイントについてもしっかり耳を傾けていました。
卒業後、大学進学等で親元を離れ一人暮らしをする生徒も多く、自分で作れるメニューの1つとなったようです。