部ログ~好文好武!

部ログ~好文好武!

剣道地区新人大会

 9月3日(土)、4日(日)の2日間にわたって、石巻市総合体育館を会場に地区新人戦が行われました。9月とはいえ、いまだ蒸し暑いなかでの試合となりましたが、選手は皆集中力を保って、緊迫感のある大会となりました。

 本校剣道部は男子4名、女子3名と、団体戦の規定人数である5名に届かず、厳しい試合を余儀なくされておりますが、むしろ一人一人がチームへの責任感をもって日々活動していました。今回の試合はその成果を存分に発揮する格好の機会でありました。

 女子は、団体戦で勝利を挙げることはかないませんでしたが、各自が課題を見つけることができました。特に、決勝トーナメントの1回戦では2勝し、最後まであきらめない姿勢を見せてくれました。また、個人戦では、2年生の遠藤が決勝トーナメントでも1回戦を突破し、実力をいかんなく発揮しました。

 男子は団体戦でベスト4に入り、3位入賞を果たしました。部員全員が自分の役割を意識し、確実にポイントを積み重ねた結果でした。個人戦では1年生の亀井が見事決勝進出し、第2位の快挙を達成しました。準決勝では強豪校の2年生相手に延長戦の末、会心のコテを決めて、会場をどよめかせました。決勝戦では先に一本取られ、これまでかと思われたところで渾身のメンで同点に持ち込み、延長戦に入りました。最後は相手の鋭いメンに屈しましたが、1年生ながら大車輪の活躍で、今後に大きな期待を残しました。

 今回の試合を終えて、男女両主将とも更なる努力が必要だと述べておりました。11月の県新人戦、そして、来年度の総合体育会へと向けて、勝負へのこだわり、一本への執念をより一層高めていきたいと思います。

仲間と共に過ごした夏休み

 今年の夏休みは、8月5日~7日に秋田県の横手へ遠征に行ってきました。東北各地の上位チームと3日間闘うことができて、強いチームの実力や試合に対する気迫というのを肌で感じることができて遠征前に私たちにはなかったものを得られることができました。

 8月11日~12日には本校体育館を会場に6~8チーム集まってサマーキャンプがありました。秋田遠征での経験を生かすことができて個人のスキルアップだけでなく、チームの結束力も高めることができたキャンプでした。

 自分たちのプレーが思うようにならずに悩んだときもありましたが、その時は仲間と話し合ったり、チーム練習以外に個人練習に取り組んだりと工夫して乗り越えることができました。そのおかげで一層成長できました。

 この経験を無駄にせずに、2ヶ月後の石巻地区新人大会に向けて練習時間を大切に、個々のスキルアップだけでなく、チームの雰囲気もより良くして、地区優勝へと頑張っていきたいと思います。

互高美術展

 第68回互高美術展がナリサワ カルチャーギャラリーで7月16日(土)、17日(日)の2日間行われました。本校の受賞者および題名は以下のとおりです。

互高会長賞  武田望見「思い出」
優 秀 賞  嶋﨑史華「枯れないバラ」  横山桃子「木もれ日」
佳 作 賞  遠藤さつき「focus」 木村 美幸「猫」  佐藤このみ「映」

 今回の互高展覧会で私たち3年次生は美術部を引退しました。この展示会では自校他校ともに個性的な展示をしており、良い刺激となりました。
 今までお世話になった施設の方、先生方、保護者、そして部員の皆へ感謝を忘れず、これからも美術に携わっていきたいと思います。

明日 音楽部定期演奏会

 皆さんおはようございます !!音楽部です!! 
 音楽部は1年次生13人、2年次生11人、3年次生8人の合計32人で、顧問の水井先生、副顧問の内藤先生のご指導のもと、毎日楽しく活動しています。そんな音楽部の一大イベントである定期演奏会が、明日7月30日(土)東松島市コミュニティーセンターで行われます。13時会場、13時30分開演です。チケットは300円とお手頃です。

 合唱はもちろん、ミュージカルもやるので、興味がある方はぜひお越しください。

家庭生活部(HLC) 保育所訪問「ペープサート実演活動」

「社会福祉法人さくら保育園」を訪問し、自作ペープサートをしてきました。ストーリーが分かりやすい「赤ずきんちゃん」を選びました。

 静かに聞いてくれ、時々声を出して反応してくれました。幼児と一緒に室内遊もでき、楽しく充実した時間でした。将来、幼児教育者を目指す部員もいて、とても良い体験と勉強ができました。保育園の園長先生はじめ職員の皆様、訪問させていただきありがとうございました。また、訪問したいです。

 子ども達と触れ合うことができとても良い経験になりました。例えば、子ども達と話す時の声の大きさや速さ、聞こえなかったときや間違っていたときには、子どもの話を否定せずに受け入れてから聞き返した方か伝わりやすいことなどがわかりました。

 

 初めて行かせていただいた保育園なので緊張しましたが、子ども達がとてもかわいくて、先生方も優しくて、すてきな保育園だと思いました。

(3年高橋和可奈)

硬式野球部 今年度公式戦勝利

 第98回全国高等学校野球選手権宮城大会が雨のため1日延期され、10日から行われました。本校は、初戦仙台市民球場で気仙沼高校と対戦。4月の春季地区予選で気仙沼高校と対戦し、9回裏に逆転され苦い敗退となりましたが、先日の抽選会で気仙沼高校と決まってからは、リベンジできるように練習にも、いつも以上に燃え取り組んできました。

 本校が先行となり、3回、2点先制。4回裏に3点とられ逆転されるも、5回9番岡部がライト前へヒットを皮切りに3点、6回には満塁から3番髙橋がレフト前へ打つなど、この回も3点を取り、8対5で 今年度公式戦勝利することができました。
 次の対戦相手は、昨年の甲子園で準優勝校、仙台育英高校です。応援よろしくお願いします。

阿部瑞希さん国体選考会で今年も県代表となる

 弓道の国体選手は三度の選考会を経て選出されます。前年の新人大会での成績から選ばれた男女それぞれ30人ずつから、1次選考会で約半数に、2次選考会では1次選考を通過した選手に県総体個人準決勝以上の成績を残した選手を加えて、そこから男女それぞれ8人が選ばれます。私は直前に調子を崩していたこともあり、とても不安を感じていましたが、あまり悩みすぎていてはだめだと思い、自分の射をすることを心がけ、8人の中に入ることができました。
 そして先日の最終選考会では、持てる力を出し切ることができ、宮城代表の4名に選ばれることができました。選ばれたからには、県の代表という自覚を持ち、全力で取り組みたいです。昨年は2年生だったということもあり、先輩についていくことで精一杯でしたが、今年は3年生で、昨年も経験しているので、今度は自分がチームを引っ張っていけるようになりたいと思います。
 今年は岩手で本国体が開催されるので、東北からは岩手以外の5県のうち、上位1県しか出場することができません。とても厳しい条件ですが、ミニ国体で優勝し、本国体への出場を目指したいです。そして本国体では、昨年よりも良い結果が残せるよう、的中の安定を目標に、これからの練習に取り組んでいきたいと思います。

弓道部 3年 阿部瑞希

佐藤達君インターハイ出場決める

 6月17日から青森県で行われた陸上の東北総体に、佐藤達君がハンマー投げで、三浦京乃さんが円盤投げで出場し、佐藤達君が5位となりインターハイ出場が決定しました。
 今回はインターハイ出場を決めた、佐藤達君にインターハイへの抱負について語ってもらいました。

〈佐藤 達〉
 今大会は、6位までインターハイに出場することができますが、私は幸いにインターハイ出場を決めることができました。しかし、私のパーソナルベスト52M14で、本来ならば負けないライバルに負けてしまいました。敗因は色々ありますが、今大会に精神的なピークをもってこれなかったことだと思います。
 宮城県大会では、あまり調子は良くありませんでしたが、試合当日、感謝したい人の顔や思い出を1つ1つ思い浮かべていたら、とても安心してベストの記録を出すことができました。
 インターハイまで約1ヶ月、悔いの無い練習を行い、東北大会の悔しい経験を無駄にせず、ベストを出した県総体を思い出しながら、臨みたいと思います。また、ここに辿り着くまで多くの仲間が敗れるのを見てきました。私はそういった仲間の思い、家族、チームメイト、友人、学校関係者、地域の方々の支え等に感謝を忘れずに、石巻好文館高校陸上競技部の代表として、精一杯想いをぶつけてきたいと思います。

本校音楽部が小林武史さんと共演

 本校音楽部が10日、音楽プロデューサーの小林武史さんと石巻市議会議場にて、合唱コンサートをおこないました。当日、リハーサルから小林さんのキーボード演奏に合わせて念入りに行い、小林さんとは今回が3回目の練習とあって部員も意欲的に取り組んでいました。リハーサル終了後小林さんより「これまでの練習で今回がとてもすばらしい。みんなしっかいり上達している。本番も楽しんで歌いましょう」と言われ、部員もたいへん勇気づけられました。

 本番では、「石巻我がふるさと」「学園天国」そして小林さんが作曲の「to U」3曲を披露しました。

 小林さんのキーボード演奏に合わせて、沢山の人の前で堂々と披露でき、貴重な体験をさせていただきました。

総体報告会 賞状伝達

 生徒会主催の総体報告会が6月8日におこなわれ、各運動部の代表生徒が支部総体や県総体の結果を一般生徒に報告しました。

 今回の地区総体では、女子バスケット、陸上・弓道個人で優勝し、前回の大会では1勝もできなかった部が2勝するなど成果が現れた大会となりました。

 県総体では、陸上部がハンマー投げで佐藤達君が優勝、円盤投げで三浦京乃さんが3位。接戦の末敗退し東北大会を逃してしまった部もありましたが、選手は勝ちにこだわり、最後まで諦めず戦った大会となりました。多くの部は残念な報告となりましたが、応援生徒への感謝と1・2年次生への期待の言葉でそれぞれ締め括っていました。

 運動部では、水泳部・硬式野球部のみなさんがこれから県大会を迎えます。また、文化部はこれから様々な大会があります。活躍を期待します。

各部大会の様子等