部ログ~好文好武!

わかりますか?

 ピーナッツは10月7日(土)に流域下水道まつりというイベントに参加させていただきました。ピーナッツのイベントにしてはきわめて珍しく、雨天となりましたが、その中でハプニングが起こりました。その時の写真がこれです。わかりますか?
 実は技の高さが高すぎてトップの人が頭を天井にぶつけてしまったのです。やる前に予想されたため構成を土壇場で変え、バスケットトスをなくしたりしたのですが、それでもやってしまいました。バランスを崩してしまいかねない状況でもあったのですが、予想していたため対応して無事に終えることができました。
 私たちも震災の時、水洗トイレが使えなかったり、側溝があふれて道路が使えなくなって困った記憶があります。今回のイベントを通して下水道の重要性を改めて確認することができました。

陸上競技部 東北大会出場

 第22回東北高等学校新人陸上競技選手権大会が、9月29日(金)から10月1日(日)の3日間にわたり、岩手県・北上総合運動公園北上陸上競技場で開催されました。
 本校は、男子走幅跳、男子4×100mRに出場しました。東北のレベルを知り、インターハイに出場するための課題も明確となり、大きな目標に向かって頑張ります。

〈 生徒の感想 〉
 私は、4×100mRと男子走幅跳に出場しました。どちらの種目も東北大会のレベルの高さを実感し、自分の力不足を実感したものの、多くの課題をみつけることが出来、必ずまた来年東北大会出場の切符を手に入れ、インターハイにいこうと決意がさらに強くなりました。
 この課題を来年の春までに修正するために、冬季練習を積んでチーム皆で強くなり、インターハイ出場を必ず達成します。応援ありがとうございました。

陸上競技部 県新人大会で7種目入賞

 9月8日(金)から11日(月)まで、ひとめぼれスタジアムにて県陸上競技新人大会が行われました。入賞者については、以下のとおりです。

男子 走幅跳 第2位 本田龍之神 
男子 4×100mR 第3位 小田島聖 本田龍之神 佐々木友汰 佐々木脩
男子 4×400mR 第6位 大内勇輝 本田龍之神 佐々木友汰 佐々木脩
男子 1500m 第6位 鈴木一郎
男子 5000m 第7位 鈴木一朗
女子 800m 第6位 高橋英里
男子 400m 第8位 佐々木友汰

「 東北大会の抱負 」

この度,宮城県新人大会の4×100mRで3位に入賞し,東北新人大会進出することが出来,とてもうれしい気持ちです。ですが,出場と言わず優勝できるような勢いで臨みたいと思います。僕は一走目なので,そのレースの良い流れのベースとなれるような,県新人大会のときよりもパワーアップした走りをして,しっかりとバトンを繋いできます。

1年5組 小田島聖

ワンダーフォーゲル同好会 蔵王山山行を実施

 9月4日,私たちワンダーフォーゲル同好会は蔵王山山行を行いました。3年生が引退し,今回は同好会員4名と顧問の先生方2名での登山となりました。
蔵王スカイライン中腹の「大黒天駐車場」より登山道へ入り,頂上を目指しました。ひたすらに登山道を進み,寒かったはずがいつの間にか汗だくに。道中ずっと目の前に崖があるような景色でしたが,山頂付近へ到着し,あの御釜を眺めることができました。「自然って雄大なんだな」と感じるには十分な景色でした。その後,刈田岳・熊野岳山頂に向かい,無事山行を終えることができました。
 今後もいろいろな山々を登っていく予定です。応援よろしくお願いします。

吹奏楽部 県大会金賞受賞

 写真到着の関係で記事掲載が遅くなりましたが、去る7月7日土曜日、全日本吹奏楽コンクール予選宮城県大会(高等学校の部)が仙台市泉区のイズミティイ21で催されました。
 本年度は「全国高等学校総文祭 みやぎ総文2017」の関係で、吹奏楽コンクール県大会が例年より約一ヶ月も早い開催となりました。

 そのため本大会が本校の体育祭の直後にあたってしまい部員のコンディションが心配されましたが、当日は多くの聴衆を魅了するすばらしい演奏を披露してくれました。結果は、みごと「金賞」でした。この結果は好文館高校としては初めてのことで、旧石巻女子高校時代を含めても約15年ぶり2回目となる「金賞」受賞でした。

 残念ながら東北大会には僅かに届きませんでしたが、ここ数年着実に力をつけてきている本校吹奏楽部は今後ますます活躍してくれるだろうと期待されます。

史上最高の総文祭本校も参加

 吹奏楽部は8月2日に宮城野体育館で「マーチングバンド・バトントワリング(M&B)部門」の開会式で演奏しました。

 演奏した曲は大会テーマソング「明日のために」を単独で演奏し,開会式のオープニングも本校吹奏楽部のファンファーレ演奏で始まり大会を大いに盛り上げました。

 また,会場係として運営にもあたり,全国から集まった1,400人を超す出演者はもちろん,鑑賞に駆けつけた多くの参観者を心からおもてなしする姿に多くの人たちから感謝の言葉をいただきました。

硬式野球部 新チーム公式戦まずは1勝

 8月19日から東部支部の秋季大会が行われました。20日に河南中央野球場で行われた初戦では、気仙沼向洋高校に勝利し、新チームになってから初めての公式戦での勝利となりました。
 初回に1点を許しますが、2回に菊池、菅野、山本の下位打線の三連打により2点を上げ、逆転に成功します。5回を終了した時点で4対4の同点で折り返し、7回にはスコアリングポジションにランナーを2人置いた場面で4番の千坂がセンター前へのヒットを放ち、溜まったランナーを2人かえします。この2点を投手の山本が9回まで守りきり、2回戦へと駒を進めることができました。

 27日には県大会出場をかけた2回戦が行われます。チームの目標である「県大会1勝」に向けて日々の練習に励んでまいります。

【女子バレーボール部】石巻支部夏季大会優勝しました!

 8月5・6日に石巻支部の夏季大会が行われました。新チームになってから初めての公式戦となりました。接戦の末,優勝することができました。これを機会にこれからの大会でも良い成績を残せるよう日々の練習を頑張ります。

 今回優勝できたのはたくさんの応援をいただいたおかげです。ありがとうございました!

弓道部 東北高校選手権大会団体3位入賞

 私たちは6月23日から25日までの3日間、東北高等学校弓道選手権大会に出場してきました。結果は3位入賞で、宮城県の団体として表彰台に立てたことはとても嬉しく思いましたが、同時に負けたときの内容が悪く、悔しい気持ちもありました。
 私たちは8月にある南東北インターハイにも出場することが決まっているので、それまで東北大会での悔しさをバネに個々の射を磨いていき、インターハイでは宮城県代表の名に恥じない堂々とした射をして、チーム皆で勝利を目指します!

弓道部 主将 川畑智尋

空手道部 東北選手権大会に出場しました

 私たち空手道部は,女子団体組手競技で県総体を勝ち進み,6月23日から3日間に渡って苗代町総合体育館「カメリーナ」で開催された,第39回東北高等学校空手道選手権大会に出場しました。
 初戦は秋田県の大館国際情報高校と対戦し,2勝1敗2引き分けで勝利しました。2回戦目は山形県の南陽高校と対戦しましたが,惜しくも負けてしまいました。
 私たちは,東北大会出場を部の目標として日々の稽古に精進してきました。今回この大会に出場することができ,とても嬉しく感じています。後輩の皆には,もっとレベルの高い目標を掲げ,そこに向かって努力し続けて欲しいと思います。応援ありがとうございました。