公式ブログ【日々是好文】

令和3年度新任式・始業式・入学式

4月8日,新任式,始業式そして入学式が挙行され,令和3年度がスタートしました。

新任式では15名の先生を迎え,岡崎教頭先生から挨拶をいただきました。始業式では,猪股校長先生より「目標を持って活動し,小さな行動を繋いで今年の目標を達成して欲しい」とのあいさつがありました。担任や部活動顧問の発表に続いて,生徒指導部からは「上級生の自覚,マナーやモラルといった義務,広い視野を持つこと」について,保健厚生部からは「感染症対策と真心を持った学校生活」についての話がありました。

午後からは入学式とPTA入会式が行われ,新入生200名が晴れて好文生の一員となりました。式辞では校長先生がバタフライ効果について触れ,「焦らず,自分のペースで地道な努力を積み重ね,それぞれの目標を達成しよう」との話がありました。続いて新入生代表の伊藤悠月さんが力強く宣誓し,吹奏楽部による祝賀演奏と音楽部の校歌披露も式に花を添えました。好文館の新制服に身を包み,高校生活の間にどのくらい成長していくのかとても楽しみです。今年度も好文生の活躍にご期待ください。

令和2年度 退任式・離任式

退任式,離任式では12名の先生方からご挨拶があり,「好文生は素直でまっすぐな生徒である」,「人生における勝負のときに全力を尽くせるように覚悟をため込むこと,勝負のタイミングを見極めるために日頃の勉強が大切」,「将来,働くことを考え,自分に向いたこととは何か考えてほしい」,「弱さも含めてでこぼこのある自分を大切に,周りの人と助け合って生きてください。」,「校訓『一事貫行』,やりとおさないと見えない景色がある」などたくさんの思いと励ましをいただきました。生徒会長の言葉に続いて,生徒会から花束を贈呈し,感謝の気持ちを伝えました。

令和2年度修業式

本日修業式が行われました。

はじめに校長先生から,「人生は終わりがあるからこそかけがえのないものだ。時間には限りがあるので,目標を持って挑戦しよう」との話がありました。そして,スティーブ・ジョブズの2005年のスピーチ,“Stay hungry, stay foolish”を紹介して「好きなことを曲げずに行動し,自分の信念に従って生きて下さい」とのメッセージがありました。

修業式に続いて空手道,美術そして書道と各部活動の賞状伝達がありました。また,生徒指導部から,一人一人のコロナ感染リスクを減らすために,新しい生活様式を休業中も続けること,将来の計画を立てる時間を有効に使うこと,交通ルールや携帯電話の使用法についての話がありました。

4月8日から新学期が始まります。新しい年次の目標を持って,始業式には紺の無地ソックスで臨みましょう。

2年次甲斐たいむ(総合的な探究の時間)

3月17日,甲斐たいむ(総合的な探究の時間)で取り組んできた分野別課題研究のゼミ内発表会を実施しました。仮説を立て,様々な手法で調査研究を行った成果を,2年生全ての生徒が発表しました。当日は1年生も聴衆として参加し,次年度の研究イメージ作りをしました。

陸上競技部・卒業生送別会

  3月1日(月),卒業式終了後,陸上競技部の3年生送別会を行いました。今年度は,石巻地区総体が中止となり,インターハイも中止となり,宮城県総体は代替大会による開催となる異例のスケジュールとなりました。卒業生の中には,最後に競技を行うことが叶わぬまま,引退を余儀なくされた者も少なくありません。しかし,そのような状況下でも,3年生諸君は,練習に参加して後輩に助言を行い,大会会場に足を運んで力の限り応援してくれました。学校生活に目を向けても,3年生は刻々変化する社会情勢に対応し,自分たちの望む進路を実現させました。送別会では,部員からのメッセージが書かれた色紙と卒業記念品が手渡されました。監督からの餞の言葉にあったように,「高校3年間部活をやりきったことは,将来,大きな財産になる」ことでしょう。石巻好文館陸上競技部で培った知力・体力・友情を糧に,これからの人生を駆け抜けてほしいと思います。

3月1日 令和2年度卒業証書授与式

令和2年度卒業証書授与式が3月1日、本校講堂で挙行されました。晴天に恵まれ、保護者の方々に見守られる中、3年次195名が学び舎に別れを告げました。

担任による卒業生の呼名の後、各クラスの代表が猪股成彦校長から卒業証書を受け取りました。校長式辞では、渋沢栄一の「夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず」という『夢七訓』を紹介し、「幸せを求めるならば夢と強い信念を持ちなさい、そして、掴んだ夢と幸せを世の中のために使って欲しい」というメッセージを送りました。

生徒会長佐藤緋峰さんによる送辞では、部活動や各行事で常に寄り添い、甲斐ある人の実現に努めた卒業生に感謝を述べ、「好文生であったことを誇りに、新たなステージに進んでください。私たち在校生も、伝統を絶やすことなく伝承していきたい」との在校生の思いを代表して伝えました。

これに対し、前生徒会長武山亮さんが答辞を述べました。入学してからの3年間を振り返り、特にこの一年間、「見えない敵と戦いながらも文化祭や体育祭の中でクラスの絆を深め、常に友がいたこととで共に成長できた。進路に向けて、ひたむきに頑張ることもできた。家族の支えに感謝しつつ、これからという未来に向かって羽ばたきたい」との決意を表明し、在校生に「さらに良い学校にしていって欲しい」と思いを託しました。

式の最後には、各クラスから担任、副担任の先生方にそれぞれの感謝の気持ちがサプライズとして語られ、清々しい旅立ちの日となりました。卒業生全員のこれからの活躍を祈念します。

 

 

同窓会入会式 挙行!

令和2年度同窓会入会式が2月26日、本校講堂で挙行され、本校同窓会役員7名の臨席のもと、3年次195名が晴れて同窓会の仲間入りを果たしました。

はじめに、髙橋壽枝同窓会長より、「母校への思いは年月が経つほど強くなる。できることは何かを考え、『心を磨き、身を鍛え』る生き方をして『甲斐ある人に』なってください」との言葉をいただきました。名誉会長挨拶では、猪股成彦校長が、本校の歴史から『娘たちのネービーブルー』(昭和20年卒横須賀白梅隊50名出版)に綴られた先輩の一節を紹介し、「いつまでも歴史ある母校に心を寄せてほしい」とのメッセージをいただきました。

続いて、記念品に袱紗が贈呈され、浅野颯太さんが代表して授与されました。渡邊まつりさんが代表挨拶を行いました。コロナ禍の中、『一致団結』を胸に過ごした困難な一年間を「人との距離を保ちながらも、心を密に通わせ、仲間との絆がより深まった」と振り返り、「新入会者一同、力を合わせて頑張る」との決意を述べました。

 3月1日に控えた卒業式まであと少しです。好文卒業生のみなさんのこれからの活躍を祈念したいと思います。

 

2月26日 第2回同窓会役員会・白梅編集会議

同窓会入会式に続いて、本校応接室にて第2回同窓会役員会と同窓会報『白梅』の編集会議が開かれました。昨年は総会が開催できませんでしたが、会報は6月に発行予定です。是非、同窓生と在校生の活躍の記事を楽しみにお待ちください。

アンサンブルコンテスト県大会 連続金賞!

令和3年1月10日に仙台銀行ホール・イズミティ21で開催された,第54回全日本アンサンブルコンテスト宮城県大会で,石巻地区を代表して出場した本校の3チームは,サックス弦楽8重奏が「金賞」,金管8重奏が「銀賞」,打楽器7重奏が「銀賞」をそれぞれ受賞しました。石巻地区予選に出場したチームすべてが金賞を受賞したことから,県大会でも地区の代表として恥じない演奏ができたものと思います。コロナに負けずに来年の定期演奏会や7月のコンクールに向けてさらに練習を積んでいく決意を新たにしました。

(サックス弦楽8重奏 サックスパート 2年 阿部由奈(蛇田中出身)

 「金賞」を受賞したサックス弦楽8重奏(リハーサル風景)      

   

「銀賞」を受賞した金管8重奏(リハーサル風景)

 

 「銀賞」を受賞した打楽器7重奏(リハーサル風景)

 

第7回ウィンターコンサート

令和2年12月26日,JR小牛田駅前の美里町文化会館大ホールにて第7回ウィンターコンサートを開催しました。コロナ禍による入場制限により,保護者・関係者等の招待客だけの演奏会になりましたが,遠くまで足を運んでいただいた皆様に御礼を申し上げます。

第1部「アンサンブルステージ」では,アンサンブルコンテストに参加できなかったチームも含めて10団体が演奏を披露しました。第2部「合奏ステージ」では「宇宙の音楽より~ハルモニア~」や「グレンミラーメドレー」などを1・2年生61名の部員が橋戸先生,伊藤先生,鈴木先生の指揮で演奏することができ,お客様と楽しいひとときを過ごすことができました。これからも演奏技術を磨き,ますます皆様に喜んでいただけるようなステージを作り上げていきたいと思います。ご来場いただいた皆様,ありがとうございました。      (吹奏楽部部長 2年 日野楓香(住吉中出身))

保健委員会 感染症予防の取り組み

感染症予防の啓発として、保健委員による昼の放送が行われています。

寒くて窓を開けたくない気持ちを吹き飛ばすかのような熱い音楽を流し、各クラスでは音楽が流れている間、全ての窓を全開にして換気に取り組んでいます。

今週放送当番の3年生は、好文館の予防対策について、距離を保ちながら、打ち合わせを行いました。

空手道部 東北大会報告

空手道部です。令和3年1月21日(木)~1月23日(土)に,山形県天童市スポーツセンターにて空手道東北大会が行われました。大会結果は以下の通りです。

 

【女子団体組手】  1回戦敗退  2 - 3 青森明の星高校

【女子団体形】   第1ラウンド敗退

【女子個人組手】  ―59kg級 第3位 多澤香楓

 

 秋の新人戦で結果を残せたことで,部員たちは「もっと上手になりたい」という気持ちを強くしました。放課後の練習が密度の濃いものになるようメニューを工夫したり,週末にOBの先輩やコーチが稽古をつけてくださった際にはアドバイスを真剣に聞く様子が見られました。

また今回は2年次だけでなく1年次も部の中心として,自分ができることに精一杯とりくんだ大会となりました。

 コロナ禍に負けず,感謝の気持ちを胸に来年度の県総体へ向けてますます力を磨いていきたいと思います。今後とも空手道部をよろしくお願いいたします。

2021年スタート 全校集会実施

1月8日,全校集会と賞状伝達式が行われ,2021年の学校生活がスタートしました。

放送による全校集会では,校長先生から「心の動き」についての講話があり,「スポーツ,楽器演奏,そして受験において,一喜一憂せず,平常心を保とう」というメッセージをいただきました。

続いて,賞状伝達式が行われ,バスケットボール部,弓道部,空手道部の新人大会,音楽部と吹奏楽部のアンサンブル・コンテスト,書道部の展覧会といった各部活動の活躍が表彰されました。さらに,地産地消お弁当コンクール,新聞記事コンクール,校内読書感想文での表彰も行われました。

厳しい寒さが続きます。健康に留意して,2021年も学習や部活動に取り組んでいきましょう。

全校集会実施

12月24日,2020年の締めくくりとして全校集会が行われました。

まず,校長先生から,先日亡くなったパイロット,チャック・イエーガーについての講話がありました。「世界初の超音速飛行を成し遂げたイエーガーのように,自分の夢の実現に向かって努力し,ひとりひとりの『音速の壁』を超えていこう」というメッセージをいただきました。続いて,生徒指導部からは,リーダーシップと団結・自主性が発揮された文化祭や体育祭を振り返り,「年末年始は1年の反省と新年の計画を立て,今できること,今しかできないことをやろう」との話がありました。最後に,保健室から,「新しい生活様式を実践し,生活のリズムを崩さず,検温と健康観察を継続しよう」との感染症対策の話がありました。

まだまだ続く寒い日を元気に乗り切りましょう。2021年も好文生の活躍が期待されます。

陸上競技部・地区新人大会結果報告

   11月4日(水)・5日(木)の2日間,令和2年度石巻地区高等学校新人陸上競技大会が行われました。両日とも晴天に恵まれ,ときおり吹く風に晩秋の息吹を感じながら,2日間の大会を無事に完走しました。競技面では,気温が低いことで記録が伸びにくいと予想される中,多くの者が自己ベストを更新しました。運営の面でも,用具の準備や片付け,補助員の仕事に尽力しました。石巻地区の一員として,大会の円滑な運営に貢献しようとする姿勢が随所に見られました。

   本大会をもって今シーズンの公式戦は終了となりますが,これまでの反省と課題を冬季練習で克服し,約7ヶ月後の総体に向けて,地道に鍛錬を重ねてほしいと思います。

空手道部 宮城県新人大会報告

   空手道部です。令和2年10月30日(金)~11月1日(日)に,石巻総合体育館にて宮城県新人大会が行われました。開会式では,本校空手道部主将の佐藤朱莉選手が,選手宣誓を行いました。大会結果は以下の通りです。

【女子団体組手】第3位(東北大会出場)
【女子団体形】第3位(東北大会出場)
【女子個人組手-59kg級】第3位 多澤香楓
【女子総合】第3位

 1・2年次は夏の代替大会を経て,力を合わせて技を磨いてきました。その結果,女子団体組手と女子団体形競技において,東北大会出場を果たすことができました。また,保護者の方々の支援をはじめとして,3年次の先輩方が放課後に部活を見に来てくださったり,OBの先輩方も休日に稽古をつけてくださいました。空手道部に関わる全員でつかんだ勝利です。
 感謝の気持ちを胸に,東北大会へ向けてますます力をつけて参りたいと思います。東北大会は,令和3年1月21日(木)から,山形県天童市で行われます。今後とも空手道部をよろしくお願いいたします。

 

陸上競技部・高校駅伝結果報告

   10月17日(土),令和2年度宮城県高等学校駅伝競走大会が,岩沼海浜公園で行われました。ときおり小雨が降り,曇りがちの空模様でしたが,選手達は昨年度の記録更新を目指して全力で競技に臨みました。

   3年連続で1区をつとめる3年生の下窪彩音は,経験を生かし安定した走りで,チームに良い流れを引き込みます。2区の髙橋ひかるは,1年生ながら堂々とした走りぶりで,長距離選手の意地を見せます。3区の本田姫星は,本職は走幅跳にもかかわらず,力強い走りで襷を繋ぎます。4区の及川清絢は,1年生ながらポテンシャルの高さを感じさせる走りで,アンカーへと襷を繋ぎます。5区の浅野舞花は,2年生として先輩・後輩から渡された襷を,繰り上げスタートになることなく,しっかりとゴールまで届けました。

   順位は22チーム中の15番目,タイムは1時間30分08秒で,昨年度以上の成績を修めました。3年生は,最後の駅伝で,悔いの無い走りができたようです。1・2年生は,先輩の姿を目に焼き付けて,来年度以降も記録を伸ばしてほしいと思います。

2年次保健講話「考えよう生と性」

   坂総合病院産婦人科小児科診療部長 舩山由有子先生を講師にお招きし、男女の身体の仕組みや性感染症、妊娠など性や生について学びました。
   生徒の感想から「妊娠するまでの過程やそれに至るまでの時間をしっかりと考えたい」、「一方的な感情だけで行動せず相手と理解しあうことが大事だと思った」、「LGBTは思っていたよりも身近なこと。全ての人に平等に接したい。」、「将来子供を授かったとき、母子ともに大切にしたいと思った」と講話からたくさんのことを学んだことがうかがえました。

陸上競技部・県新人大会結果報告

  9月11日(金)~14日(月)の4日間,第69回宮城県高等学校新人陸上競技大会が行われました。初日と2日目に雨が降り,強風に襲われ,曇りがちの空模様でしたが,無事に4日間の大会を完走しました。選手達はグラウンドコンディションへの対応に苦戦しながらも,自己ベストの更新を目指して全力で競技に臨みました。中でも,女子の4×400メートルリレー(通称:マイルリレー)では,予選,準決勝と走る毎にタイムを伸ばし,決勝進出こそ逃したものの,全体の9位に入り,伝統校の意地を見せました。

  1年生にとっては,この大会が最初の公式戦となった者も多く,今後に向けて良い経験となったようです。2年生にとっては,宮城県で自分が現在どの位置にいるのかを知り,これまでの取り組みを反省する機会となったようです。

  来年の県総体まで,あと8ヶ月。地道に鍛錬を重ね,部員同士切磋琢磨しながら,残された時間を全力で駆け抜けてほしいと思います。

全校集会・生徒会役員委嘱式

本日1校時,放送による全校集会と生徒会役員委嘱式が開かれました。

はじめに,校長先生から「素人とプロの違いは,同じことを毎日できるかどうかである」と,毎日繰り返すことの大切さについての話がありました。「これによって,部活動では基本的なことは絶対に間違えないプレーが可能となり,勉強ではすべて聞き取れるだけのリスニング力の習得が可能となる。これから始まる学校生活の後半戦,一人一人が毎日を大事にして,勉強や部活動に頑張ろう」とのエールをいただきました。

続いて行われた生徒会役員委嘱式では,生徒会役員が校長先生から委嘱されました。生徒会長の佐藤緋峰さんからあいさつがあり,「感染症対策等,制限のある生活だけれども,好文生らしい学校生活が送れるよう,精一杯努めたい」との意気込みを聞くことができました。

 明日はいよいよ体育祭です。さらに,新人戦や入試を控えている生徒もたくさんいます。体調管理に気を付けながら,過ごしましょう。

3年次保健講話「こころの健康を学ぼう」

尚絅学院大学 内田知宏先生を講師にお招きし、健康とはどういう状態であるのか、精神疾患の発症が若者に多いことなど、こころの健康について学びました。精神疾患の患者数が思っていた以上に多いことに驚き、周りの人のことも自分のことも気遣えるようになりたいと感じたようです。
また、姿勢によって意識が変わることを体験し「体が心を変え、心が行動を変え、行動が結果を変える」という言葉が、とても胸に響いたようでした。

 

 

 

 

吹奏楽部 定期演奏会


「第15回 定期演奏会 開催!」
去る8月10日(祝),美里町文化会館において本校吹奏楽部第15回定期演奏会を開催いたしました。本来なら5月のゴールデンウィークに,2日間に渡って行う予定でしたが,コロナ感染症の影響で3ヶ月遅れの演奏会となってしまいました。
目標にしていた吹奏楽コンクールが中止になった今年ですが,当初は86名という大所帯を受け入れて頂ける会場が石巻管内には見つからず,定期演奏会の断念さえ頭をよぎりました。しかし,美里町文化会館の皆様の暖かいアドバイスに沿い,可能な限り感染対策に取り組むことによって無事開催することができました。本当にありがとうございました。心から感謝いたします。お客様も50%という制限はありましたが,会場は満席となり,例年以上に心に残る演奏会となりました。協賛下さった企業の皆様,当日ご来場いただいた校長先生はじめ先生方,なによりも毎日見守って下さった保護者の皆様,本当にありがとうございました
3年生はこの日をもって引退となりましたが,人数が多くても,まとまりがあり前向きで明るい好文館高校吹奏楽部で活動できたを誇りに思います。世代交代をし新たなスタートを切った1・2年生が,笑いの絶えない雰囲気の中で熱心に練習している姿を見て羨ましさを感じつつ,更なる成長を期待しています。
 (吹奏楽部部長 3年 遠藤 明(河南東中出身))


2・3年生による1部「クラシカルステージ」

 


全部員86名による3部「ポップスステージ」

全校集会・賞状伝達式

 本日,放送による全校集会が開かれ,3学年そろって学校生活がスタートしました。短い夏季休業でしたが,1・2年次は文武両道で有意義な,3年次は進路実現に向けて充実した毎日が過ごせたでしょうか。

はじめに,校長先生から「習うこと,教わることの大切さ」について,「初心者の感覚を忘れず,諦めずに挑戦して欲しい」と,試験や大会に臨む心構えの話がありました。

続いて行われた賞状伝達式では,高校総体の代替大会や新人大会等での活躍を称え,陸上競技部,ソフトテニス部,卓球部,そして空手道部の生徒が表彰されました。

 これから文化祭など,楽しみにしていた行事もたくさん控えています。本格的な暑さはまだまだ続きそうですが,体調管理にも気を付けましょう。

 

陸上競技部・代替大会結果報告

8月9日(日)~12日(水)の4日間,第69回宮城県高等学校総合体育大会の代替大会が行われました。初日と4日目の午前中に雨が降りましたが,それ以外は晴天に恵まれて,酷暑の中での大会となりました。選手達は日によって変わる気温や天候に対応し,自分たちのベストパフォーマンスを発揮していました。中でも,3年の本田姫星選手は,女子走幅跳と女子七種競技で2冠を達成しました。優勝が期待されていた2日目の走幅跳では,自分のジャンプができずライバル達にリードを許す展開の中,5回目の試技で逆転の大ジャンプ。土俵際からの大逆転勝利でした。プレッシャーから解放された3・4日目の七種競技では,トラックでもフィールドでも大暴れ。ライバル有利との下馬評を覆し,2冠を達成しました。3年生にとっては,この大会が最後の公式大会となりました。最終日のミーティングでは,涙を目に浮かべながら,後輩達にメッセージを送りました。石巻好文館陸上競技部で培った知力・体力・友情を糧に,これからの人生を駆け抜けてほしいと思います。