公式ブログ【日々是好文】

7月21日 全校集会

7月21日,1・2年次は体育館で,3年次は賢友館で全校集会が行われました。

まず,校長先生から,「休業中には,勉強と部活に励むのはもちろん,社会勉強をして様々な経験を積み,支えてくれる人に感謝の気持ちを持って新校舎に入って欲しい」との講話がありました。続いて,生徒指導部からは,「節度を持ち,事故のない生活を送りながら,自分磨きと学びの時間を」との話がありました。

夏季休業明けの8月23日からは,新校舎での生活がスタートする予定です。通常登校後,各教室に入りますが,きれいな学校で成長した皆さんに会うのが楽しみです。

陸上競技部・東北大会結果報告

岩手県の北上総合運動公園を舞台に第76回東北高等学校陸上競技大会が開催され,宮城県総体で3位入賞を果たした布施亜弥乃(1年5組)が出場権を獲得し,女子走幅跳に出場しました。6月18日に北上に到着し,19日の前日練習は雨の中での最終確認となりましたが,20日の本番は晴天に恵まれました。前後の選手がハイレベルな記録を残す中,布施は1年生ながら周囲の雰囲気に呑まれることなく,自分の実力を出し切りました。追い風参考記録とはいえ5メートル12の跳躍をみせ,36名中17位の結果となりました。上位大会へと進むことは出来ませんでしたが,今大会で得た経験を活かして,さらなる飛躍を果たしてほしいと思います。

 

弓道部 インターハイ出場!!

本校弓道部 沼下萌花(住吉中出身)さんが、6月に開催された宮城県高校総体個人で第2位・射道最優秀賞となり、7月に新潟県上越市で開催される全国高校総体(インターハイ)に出場することになりました。全国大会での活躍を期待し応援しましょう!!

 

それでは、沼下萌花さんのインタビューです

 

1.県総体の感想

 私は2年間、さまざまな大会に参加してきましたが、個人戦での参加は今回が初めてで大会前はとても緊張しました。しかし、本番では、緊張がまったく無くなり、学校で練習している感覚と同じように試合に臨むことができました。その結果、予選は8射6中で通過し、最終の的中は16射13中で同中競射になりました。優勝決定戦で負けてしまったものの、個人準優勝と射道(射型・体配の美しさの審査)で最優秀賞を獲得し、インターハイ出場権を得ました。このような結果を得ることができたのは、顧問の先生方や家族、先輩、仲間のアドバイスとサポートのおかげです。私一人の力で成し遂げることはできなかったと改めて感じた1日でした。

 

2.練習で心がけていること

 1立(4本の矢を持って練習すること)を行うごとに、良かった点・悪かった点を分析し、その分析やその日の練習の的中率、次の日の目標など目に見えるようにノートに記録しています。また、自分の分析で解決できなかったときには、教本で調べたり顧問の先生にアドバイスをいただいたりして、次の日に課題を持ち越さないようにしています。

 普段練習でできていないことは、試合でもできるはずがないので、本番をイメージして1射1射丁寧に練習することを特に意識して練習に取り組んでいます。さらに、的中だけでなく、射の内容(射道)でも評価される選手になるために努力を重ねてきました。

 

3.インターハイへの抱負・目標

 7月29日に新潟で行われるインターハイは誰もが経験することができるものではないので、会場の雰囲気や緊張感に左右されず、堂々と自分の射ができるよう、より具体的な目標を立て質の高い練習を心がけて頑張りたいです。応援をよろしくお願いします。

 

陸上競技部・県総体結果報告

5月28日(金)~31日(月)の4日間,第70回宮城県高等学校総合体育大会陸上競技大会が行われました。当初は雨が予想されましたが,4日間とも晴天に恵まれて,初夏の訪れを感じながらの大会となりました。地区予選会から2週間後の開催で,選手たちはコンディション調整に苦しみながら,しっかりと大会にピークを合わせてきました。特に3年生は,これまでの経験を活かして,ベストパフォーマンスを発揮しました。多くの選手が自己記録を更新し,競技人生の最後に華を添えました。下級生では,1年生の布施亜弥乃が女子走幅跳で3位入賞を果たし,6月に岩手県で行われる東北大会への出場を決めました。3年生にとっては,この大会が最後の公式大会となりました。最終日のミーティングでは,涙を目に浮かべながら,後輩達にメッセージを送りました。石巻好文館陸上競技部で培った知力・体力・友情を糧に,これからの人生を駆け抜けてほしいと思います。

 

令和3年度石巻好文館高校オープンキャンパスについて

令和3年度オープンキャンパスについて

令和3年度オープンキャンパスに関する情報を公開しましたので、右のバーナーか、上の「入試情報」にある「オープンキャンパス」をクリックし、ご覧ください。

 

公立高校ガイドブックについて

上の「入試情報」にある「入学者選抜」に、本校の令和3年度公立高校ガイドブックを公開しました。

 

2年次・3年次 甲斐たいむの様子

水曜日の5校時目は「甲斐ある人と言われたいむ」の時間です。

 2年次では石巻専修大学から8名の先生方をお招きして「大学教授出前講義」を開催しました。「ゲーム依存から抜け出せるのか」といった身近な話題からや「SDGsと観光について」,「魚の生態から科学を考える」,「石ころと振動型センサの開発」に至るまで,実にバラエティに富んだ講義でした。生徒たちは真剣に先生の話に耳を傾け,メモを取っていました。

2年次大学教授出前講義

 3年次では昨年度の個人研究の総まとめとして全体発表会を行いました。それぞれの学問分野から選抜された代表者1人が,これまでの研究仮説と,その考察を発表しました。「人気のゲームが人気たるゆえん」といった研究や「エンゼルケア」についてなど自身の進路とテーマを関連付けた研究,そして「観光客を増加させる方法」といった石巻の未来に繋がりそうなテーマも見受けられました。今後3年次ではグループディスカッションの練習を通して,論理的思考力を身につけていきます。

 

陸上競技部・石巻地区予選会結果報告

5月12日(水)・13日(木)の2日間,令和3年度高校総体陸上競技石巻地区予選会が行われました。両日とも晴天に恵まれ,ときおり吹く風に夏の訪れを感じながら,2日間の大会を無事に完走しました。競技面では,他校との合同練習会や競技場での試技試走が出来なかったことで記録が伸びにくいと予想される中,多くの者が自己ベストを更新しました。運営の面でも,用具の準備や片付け,補助員の仕事に尽力するなど,大会の円滑な運営に貢献しようとする姿勢が随所に見られました。5月28日(金)~31日(月)には県総体があります。3年生にとって集大成となるこの大会で,これまでの練習で培った精神力・技術・体力を存分に発揮して欲しいと思います。

 

令和3年度1年次保健講話

本校スクールカウンセラーの岡里美先生より、「友だちって何だろう~コミュニケーションについて考えよう~」のテーマで講話をいただきました。

言葉以外のものを大切にしたコミュニケーションの取り方や、自分も相手も大切にしたアサーション技法について学びました。

「コロナの影響で新しい友人と一緒にご飯を食べることもできず悲しい思いをしていたけれど、自分や相手の気持ちを大切にしながら仲を深めていけたらいいなと思った。」

「友達と過ごす時間が増えると気が緩んで言葉が少し乱暴になりがちなので、常に相手を思いやる気持ちを忘れず、また、自分の考えや気持ちも素直に表現できるようにしていきたい。」などの感想を多くの生徒が述べていました。4月から出会った仲間とのコミュニケーションづくりに大いに役立ててもらいたいです。

 

 

 

 

令和3年度新任式・始業式・入学式

4月8日,新任式,始業式そして入学式が挙行され,令和3年度がスタートしました。

新任式では15名の先生を迎え,岡崎教頭先生から挨拶をいただきました。始業式では,猪股校長先生より「目標を持って活動し,小さな行動を繋いで今年の目標を達成して欲しい」とのあいさつがありました。担任や部活動顧問の発表に続いて,生徒指導部からは「上級生の自覚,マナーやモラルといった義務,広い視野を持つこと」について,保健厚生部からは「感染症対策と真心を持った学校生活」についての話がありました。

午後からは入学式とPTA入会式が行われ,新入生200名が晴れて好文生の一員となりました。式辞では校長先生がバタフライ効果について触れ,「焦らず,自分のペースで地道な努力を積み重ね,それぞれの目標を達成しよう」との話がありました。続いて新入生代表の伊藤悠月さんが力強く宣誓し,吹奏楽部による祝賀演奏と音楽部の校歌披露も式に花を添えました。好文館の新制服に身を包み,高校生活の間にどのくらい成長していくのかとても楽しみです。今年度も好文生の活躍にご期待ください。

令和2年度 退任式・離任式

退任式,離任式では12名の先生方からご挨拶があり,「好文生は素直でまっすぐな生徒である」,「人生における勝負のときに全力を尽くせるように覚悟をため込むこと,勝負のタイミングを見極めるために日頃の勉強が大切」,「将来,働くことを考え,自分に向いたこととは何か考えてほしい」,「弱さも含めてでこぼこのある自分を大切に,周りの人と助け合って生きてください。」,「校訓『一事貫行』,やりとおさないと見えない景色がある」などたくさんの思いと励ましをいただきました。生徒会長の言葉に続いて,生徒会から花束を贈呈し,感謝の気持ちを伝えました。

令和2年度修業式

本日修業式が行われました。

はじめに校長先生から,「人生は終わりがあるからこそかけがえのないものだ。時間には限りがあるので,目標を持って挑戦しよう」との話がありました。そして,スティーブ・ジョブズの2005年のスピーチ,“Stay hungry, stay foolish”を紹介して「好きなことを曲げずに行動し,自分の信念に従って生きて下さい」とのメッセージがありました。

修業式に続いて空手道,美術そして書道と各部活動の賞状伝達がありました。また,生徒指導部から,一人一人のコロナ感染リスクを減らすために,新しい生活様式を休業中も続けること,将来の計画を立てる時間を有効に使うこと,交通ルールや携帯電話の使用法についての話がありました。

4月8日から新学期が始まります。新しい年次の目標を持って,始業式には紺の無地ソックスで臨みましょう。

2年次甲斐たいむ(総合的な探究の時間)

3月17日,甲斐たいむ(総合的な探究の時間)で取り組んできた分野別課題研究のゼミ内発表会を実施しました。仮説を立て,様々な手法で調査研究を行った成果を,2年生全ての生徒が発表しました。当日は1年生も聴衆として参加し,次年度の研究イメージ作りをしました。