【公式ブログ】日々是好文

平成30年度 日々是好文

卒業生進路講話

平成30年度の卒業生を代表して12名から進路実現に向けての進路講話が催されました。

今年度は,硬式野球部主将の熊谷君が共学になってから,男子では初めて東北大学に合格するなど,第一志望の進路を実現した先輩方の学校生活や受験の心得,工夫した学習方法等に1・2年次生は真摯にメモをとっていました。

講話された卒業生の進路先

 東北大学・千葉大学・宇都宮大学・山形大学・新潟大学・宮城大学・東北学院大学・東北福祉大学・神奈川大学

 昭和大学医学部附属看護専門学校・日本赤十字社石巻赤十字看護専門学校・宮城県職員

 

 

【甲斐たいむ 2年次】分野別課題研究発表会

2年次の1年間の総まとめである分野別課題研究発表会が3月15日に行われました。この発表会では、各10分野のゼミからゼミ内発表会を経て選出された14人が全体の前で発表しました。

 審査員には本校校長のほか、石巻専修大学からお越しいただいた3人の先生方に審査していただきました。以下は今回の発表者です。(◎最優秀賞 〇優秀賞 ◇生徒投票賞)

 

◇門間 遥花 「14人のディズニープリンセスを見れば理想の女性像がわかるのではないか」

千葉 龍汰 「視覚と嗅覚は味覚に影響を及ぼすのか」

佐々木 光貴 「バレーの試合でファイナルセットに有利なのは前セットを取ったチームなのか」

遠藤 彩夏 「試合前の食事でパフォーマンスに影響はあるのか」

山田 幸希 「私達は今よりもっと長生きすることが出来るのか」

三浦 菜愛 「出産に月の満ち欠けは関係するのか」

熊谷 萌玖 「男女脳は育つ環境によって変化するのか」

及川 和怜 「縁側のある暮らしの魅力」

髙橋 拓也 「ギターラインとベースラインを逆にすると調は変わるのか」

渡辺 衣織 「言語は統一することができるのか」

〇浅野 尚 「高校にもエアコン設置を!」

松林 拓希 「人は他人を批判する事で得られるものがあるのか」

〇鈴木 穂香 「『気になる生徒』の支援は行き届いているのか」

◎毛利 香理 「原料が異なるゲル化剤に用途の違いはあるのか」

 

 

平成30年度 卒業式

3年次生196名が学び舎に別れを告げる

 

平成30年度卒業証書授与式が3月1日、本校講堂でおこなわれ、3年次196名が学び舎に別れを告げました。昨年は、悪天候の中での式でしたが、今年は晴天に恵まれた卒業式となりました。

各担任が卒業生一人ひとりを呼名した後、亀山校長がクラス代表者に卒業証書を手渡しました。その後の校長式辞では、卒業生のこれまでの活躍を振り返りながら、HAYABUSAによる無人宇宙探査の話を引き合いに出し、試行錯誤を繰り返すことの大切さを説きました。

生徒会長千葉龍汰さんによる送辞では、卒業生との思い出に触れながら、「良き手本として、越えるべき壁として、時に厳しく、時に優しく、後輩を導いてくれました」と感謝を述べ、「私たち在校生も、先輩方が守り、伝えてきた伝統を絶やすことなく、よりよいものになるように、伝承することを誓います」と決意を示しました。

これに対し、前生徒会長佐藤友晟さんが、高校生活の思い出を噛みしめながら、答辞を述べました。「初日は雨、2日目は晴天の球技大会。限られた準備期間のなか、模擬店に全力で取り組んだ文化祭。文化を肌で感じることができた、修学旅行。互いに高め合った部活動・同好会活動。そして、これらの時間を共に過ごした、個性豊かな級友たちがいました」と、3年間を振り返り、「引退後、進路達成に本腰を入れるも、なかなか思うように成績が上がらず、不安になった私たちに最後まで寄り添い、いつも支えてくれた先生方。私たちが学ぶ環境を整えてくれた事務の方々。ここまで共に過ごしてきた仲間達や、陰ながら応援してくださる沢山の方々への感謝を胸に、辛いことがあっても、前向きにこれからの人生を歩んでいきます」と、希望に満ちた表情で学び舎に別れを告げました。 

 

 

 

平成30年度 同窓会入会式

卒業式を明日に控え,2月28日,体育館にて同窓会入会式が行われました。

本校同窓会長の髙橋壽枝様より196名の新入会員を歓迎するお祝いのお言葉をいただき,続いて本田龍之神君が代表し,入会記念の袱紗を頂戴しました。その後,佐々木友汰君から「これから私たちが進んで行く道には,辛い事もたくさんあるかもしれません。そのような中,校是であるである『甲斐ある人と言はれなむ』を念頭に置き,様々な面で貢献できるよう努力して参りたいと思います。」との力強い挨拶があり,副会長の平塚由美子様の指揮にあわせた校歌斉唱で,同窓会入会式が終了しました。

平成30年度の学年幹事は佐々木友汰君と内海花さんです。9月21日に開催される来年度の同窓会総会へ,クラス幹事の皆さんをはじめとした多数の新入会員のみなさまのご参加をお待ちしております。

 

空手道部全国選抜大会出場!!(女子個人形)

1/25(金)から3日間,青森県三沢市で空手道競技の東北選抜大会が行われました。その結果,女子個人形で3位となり,3月25日から和歌山市の和歌山ビッグホエールを会場として行われる全国高等学校空手道選抜大会に出場することになりました。このような結果を残すことができたのは家族の支えと空手道部を取り巻く先生方先輩方をはじめ多くの方々のご指導のおかげだと思っています。今回の演武に満足することなく,これからも精進し,成長した姿で全国大会を戦ってきたいと思います。

応援よろしくお願いします!!!     (1年 梶原まひる)

 

2年次甲斐たいむ 「分野別課題研究 ゼミ内発表」

 2年次の分野別課題研究ゼミ内発表が2月13日に行われました。

 4月から研究し続けてきた研究の成果を,パワーポイントを用いて発表しました。

 これまで、石巻専修大学の先生方にお越し頂き,「研究とは何か」というところを教わり,自ら興味関心のある分野を選択し,そこで「仮説」を立て、その仮説を検証するための「研究」を行い、中間発表では専修大学の先生方に指導助言を頂きながら,自分なりの研究の発表を行いました。

 発表では、アンケートや実験を実際に行って検証した発表も多くあり、多彩な内容の研究が見られました。

 今後、ゼミごとに代表生徒を選出し、3月には分野別課題研究全体発表会を行います。

テーマ「0kcalに含まれる甘味料は身体に悪影響を及ぼすのか」

 

「原料が異なるゲル化剤に用途の違いはあるのか」

 

「スポーツの大会や試合で緊張しても練習以上の力を発揮できるのか」

 

「人は他人を批判することで、得られるものはあるのか」

 

「添加物が身体に与える影響」

公務員課外始まる

仙台総合ビジネス公務員専門学校から講師の安部先生をお招きし,2月4日から公務員課外講習Ⅰ期が始まりました。今年は1年次からの希望も多く,1・2年次生計28名がⅠ期(全3回)の講習に参加しています。公務員試験の概要説明や試験日程の確認から始まり,倍率や問題傾向の説明,一般教養試験と適性検査の学習と盛りだくさんの内容でしたが,参加者は熱心に講義を聴き,集中して学習に取り組んでいました。4月以降に開講するⅡ期については,3月にご案内します。

 

1年次 進路別ガイダンス実施!

23日(水)の甲斐たいむで,1年次進路別ガイダンスを実施しました。教育や医療,経済,文学,工学など,21の分野に分かれて,大学・短大・専門学校から学問や職業について話を聞きました。生徒の感想には「社会福祉の仕事の幅が広いことが分かった」「英語が大切だと分かったので,英語検定をとりたい」「○○学部というイメージだけで大学を判断していたけれど,まったく違う内容の学部もあった。在学中にとれる資格も知っておく必要があると感じた」とありました。「まずは勉強して学力向上!」「自分の目指す大学について調べ,よく知り考える」という前向きな目標もありました。

 

第2回 同窓会役員会

1月21日(月)第2回同窓会役員会が、本校同窓会室で行われました。

今回の役員会では、高橋会長より、12月に趣ある蔵において開催された、山形支部総会についてお話がありました。名誉会長(本校校長)からは、生徒の進路状況や吹奏楽部の県アンサンブルコンテスト、空手道東北大会等の生徒の活躍についての報告がありました。

協議については、佐々木副会長が議長となり、2月28日(木)に行われる同窓会入会式、会報「白梅第35号」について検討されました。

会報「白梅第35号」は、役員のほかに内海裕子(S55年卒)さん、佐藤由理(S56年卒)さん、鈴木美樹(H7年卒)さん、佐藤仁美(H8年卒)さんが編集委員となり、2月4日(月)に第1回編集会議が行われることになりました。

 

年始め 全校集会

1月8日,全校集会で2019年がスタートしました。校長先生の講話では,睡眠・朝食と健康・成績との関係についてのお話がありました。睡眠には成長ホルモン,朝食にはブドウ糖,そして朝の光にはセロトニンの効果があり,脳と身体の成長が促進されます。また,感染症の予防にも,これらは大変効果的です。「よく眠り,よく噛み,朝日を浴びて身体を動かす」ことで,まだまだ続く寒い日を元気に乗り切りましょう。

全校集会

 12月21日(金)に今年最後の全校集会が行われました。校長先生は、はじめに弓道全国選抜大会に出場する千葉晴香さんに対して激励の言葉を贈りました。その後、宇宙探査機「はやぶさ」の話を話題に挙げ、「大切なことは、はやぶさのプロジェクトリーダー川口さんのように、先が見えなくても、自分を信じ、自分の手で未来を見ようとすることである。」と、改めて生徒に高い志をもつように言葉を投げかけました。また、終わりに、冬期休業となっても、課外講習や、センター試験に向けての学習など、気の抜けない日々が続くため、体調管理には気をつけて、よい年をお迎えくださいと話されました。全校集会後は賞状伝達があり、多くの生徒が表彰されていました。

 

2年次 修学旅行

12月1日から4日間、私たち2年生は修学旅行(1日目:清水寺・金閣寺、2日目:京都市内 自主研修、3日目:奈良公園・USJ、4日目:大阪・コース別研修)に行ってきました。危うい天候でしたが、修学旅行に支障が出るような天候にはならなかったので、ホッとしました。今回の修学旅行では新幹線が2つの車両に分かれたり、部屋決めがぎりぎりになりましたが、みんな臨機応変に対応してくれてスムーズに進みました。また、テスト明けであったにも関わらずみんな元気いっぱいで楽しんでいました。(修学旅行実行委員長 遠藤都杜)

1年次甲斐タイム ボランティア体験活動終了

11月14日(水)、1年次は毎年恒例のボランティア体験活動を行ってきました。第一弾として、弓道部の感想を以下に掲載します。

 

私たち弓道部は、ふたば保育所にボランティア体験活動をしに行きました。活動内容としては、子どもたちと一緒にブロック遊びをしたりサッカー教室を行ったりしました。

ボランティア体験が始まる前は、私たちが「お兄さん」「お姉さん」であり、子どもたちをリードしなければならないと気負っていました。その結果いざ活動が始まると、年代が違うことで、話が合わず戸惑うことがありました。しかし、子どもたちが私たちに積極的に質問をしてくれて、それらに答えているうちに、自然と私たちの緊張はほぐれ、子どもたちと打ち解けることができました。

私たちは半日しかいませんでしたが、保育士はとても体力のいる職業だと実感しました。また、子どもたちが帰り際に「明日もまた来てくれる?」と聞いてくれて、癒やされたとともにやりがいを感じました。今回の活動を通して、改めて自分自身を見つめ直すことができました。これからも引き続き石巻のために私たちができることはないかを検討・実施していこうと思います。                      A ・Gくん

 

同窓会役員会・総会反省会開催

11月9日,13時30分より第1回同窓会役員会が,14時30分より総会反省会が行われました。9月29日に催された同窓会総会での役員改正を終え,新たな体制での役員会となりました。また,当番の昭和55年卒業生,平成7年卒業生を交えた反省会には,来年の当番学年の方々にも参加していただきました。

写真を囲みつつ,話が弾んだ中,事前準備と当日の流れを振り返ることができました。次の総会に向けて,連絡の大切さ等を引き継ぎました。昭和56年卒業生と平成8年卒業生が当番となる来年度の同窓会総会は,9月21日(土)に開催されます。同窓生のみなさま,是非ご参加ください。

ピーナッツ、港湾感謝祭に参加しました!

 震災前は毎回出演していた港湾感謝祭ですが、今年度開催されるということで、喜んで出演させていただきました。巡視船「くりこま」の大きさに驚き、内部を見学させていただいたりしてピーナッツの部員たちも歓声を上げていました。
 今年度、ピーナッツは出演機会に恵まれていましたが、この日のために構成を見直したり、ダンスを新しくするなどして来場していただいた方々にエネルギーをお届けしたつもりです。
人命を救助する海上保安庁のヘリと、皆さんにエネルギーをお届けするピーナッツの写真を掲載させていただきます。

朝の挨拶運動

台風一過、爽やかな秋空が広がる、一年の後半戦はじめの日。PTAの保護者のご協力のもと「朝の一声運動」が行われました。

衣替えの移行期間で、気温も若干高めのこともあり、冬服で登校する生徒の姿は多くありませんでしたが、元気に「おはようございます」と挨拶してくれる様は、今日の爽快な天気そのもの。

勉学にもスポーツにも最適な時期。好文好武を目指す生徒諸君には一層の奮励努力を期待します。

全校集会

 

 10月1日は台風の影響で臨時休校になったため、1日遅れの放送での全校集会となりました。校長先生はまず始めに本日から教育実習に臨む中島大希さんと、今野魁星さんの紹介を行いました。その次に、「秋は実りの季節である。」様々な作物によって私たちは生かされているが、実るのはなにも作物だけではない。秋は今まで努力してきた様々なものが実る季節でもある。色んな事に是非チャレンジをしてほしい。と、生徒に言葉を投げかけました。
 全校集会後は、生徒会役員、各部部長の委嘱式や賞状伝達があり、委嘱式では、生徒会を代表して生徒会長 千葉龍汰さん、運動部は剣道部部長 鈴木勘太さん、文化部は書道部部長 佐伯陽世さんがそれぞれ代表して、決意表明を行いました。これで正式に生徒会、部活動が1,2年次中心の活動となりました。部活動決意表明の様子賞状伝達の様子

コカコーラ英語コミュニケーションスキル研修プログラム

9月3日・4日の2日間にわたって、コカコーラ英語コミュニケーションスキル研修プログラムが行われました。有志生徒40名を対象にした本プログラムの醍醐味は、生徒が講師とのやりとりをすべて英語で行うところにあります。そこには、世界中からやってきた留学生を相手に、日々の授業で学んだことを活かしながら、必死に話を理解しようとする生徒たちの姿がありました。

ある生徒によれば、「正直、昨日はかなり疲れました。でも、全部終わったときには、達成感がありました。こんなに疲れたのは(頭の中に)英語で、どんどん情報が入ってきたからだと思います。昨日の夜、英語で話しかけられる夢を見たくらいですから」とのこと。

生徒たちにとっては、普通ではできない貴重な体験となったようです。このような企画の実現に協力してくださった皆様に、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

台湾高雄医学大学合唱団が来校 交流会を行いました

私たちは8月28日に台湾高雄医学大学合唱団のみなさんと交流会を行いました。最初に驚いたことは日本語が上手なことです。合唱団のみなさんが、元気にハキハキと「こんにちは!」と校長先生に返しているを見て、日本人として挨拶を大切にしていこうと思いました。

合唱団の皆さんの演奏は50人という大人数での演奏だったので大迫力でした。また、合唱だけでなく振り付きで、目と耳の両方で楽しめる素敵なステージでした。

合唱団の演奏のあとは、本校の合唱部・マンドリン部・吹奏楽部のステージ発表を行い、最後は全体合唱で「花は咲く」。合唱団の方々の間に好文生が入って歌わせていただきました。

言葉や文化、国は違えど、音楽を通して会場が一つになったことがわかりました。

今回の交流会では国を越えての交流であったので、私は始終緊張していましたが、合唱団のみなさんが日本を大切に思って下さったこと、私たち自身楽しんでいただくために全力で演奏していて、相互に思い合う思い出に残る交流会になったと思います。音楽を通して、また交流会をしたいです。

夏休み明け全校集会

8月27日、夏休み明け全校集会が開かれました。

夏休み明け久しぶりに登校した生徒たちは、日に焼けた生徒も多く、部活に熱心に取り組んだ様子がうかがえました。

校長先生のお話では、生活の中、身近な部分に目をつけていくと興味関心が広がりますとのお話で、生徒たちは決意新たに今後の学習に取り組もうとする姿勢が見られました。

 

野球部結果報告

7月14日土曜日、100回目となる全国高等学校野球選手権記念宮城大会が開会しました。石巻好文館高校は初戦に石巻工業高校と対戦しました。春の大会では惜しくも敗れ、リベンジをかけて臨みました。前半から苦しい展開が続きましたが、7回には5番山本、6番千葉、7番千坂の3連打で2点を取り返します。得点圏にランナーを置き、あと1本ヒットがでればという回が多くありましたが、力及ばず9対2で敗れました。球場に足を運んで応援をしてくださった方々、大変ありがとうございました。

生徒会役員選挙

 生徒会役員選挙が7月18日に実施され、即日開票の結果、新生徒会長に2年次千葉龍汰さん、副会長にはともに2年次松川小華さんと小池柚月さんがそれぞれ信任されました。今回は3名以外の立候補者はなく、規定により信任投票となり、立候補者3名はともに規定を上回る票を獲得して信任されました。

投票に先立って開催された立会演説会で、新会長千葉龍汰さんは「意見箱の活性化。生徒会会員の代弁者となります」と公約を掲げていました。また新副会長松川小華さんは「一人一人が意見しやすいような意見箱を設置したい」と訴え、同じく小池柚月さんは「あいさつ運動、日々のあいさつを活性化したい」と主張していました。

新役員任期は10月1日から来年9月30日までとなります。

音楽部 定期演奏会大成功

私たち音楽部は、平成30年7月22日(日)東松島市コミュニティセンターで第12回定期演奏会を開催しました。今回の演奏会は過去最多となる来場者数となり、充実し満足できる演奏会を作り上げることが出来たと実感しています。音楽部に携わって下さった多くの方々へ日頃の感謝を忘れずにこれからも努力していきます。今後も音楽部をどうぞよろしくお願いします!

(音楽部一同)

【夏コン地区大会】吹奏楽部 金賞受賞

7月21日(土)・22日(日)の二日間,全日本吹奏楽コンクール多賀城・石巻地区大会が多賀城文化センターで開催されました。お陰様で21日の大編成の部に出場したAチームも22日の小編成の部に出場した1年生のBチームも共に「金賞」を受賞することができました。規定によりBチームは上位大会に進めませんが,Aチームは8月2日(木)仙台市泉区のイズミティ21で開催される第61回宮城県大会に出場します。昨年の県大会では好文館高校初となる「金賞」を受賞しましたが,今年はそれを上回る結果を目指してがんばりたいと思います。

部長 齋藤暁寧(3年)

 

県大会に出場する大編成


1年生ながら頑張った小編成(Bチーム)

一日体験入学 開催

 一日体験入学が7月27日(金)午後におこなわれ、中学生、保護者のみなさんに参加していただきました。石巻市・東松島市・女川町はもとより栗原市・登米市などからも参加があり、今年は650名を超える参加者となりました。

職員の学校説明(1学校概要について 2入学者選抜に係わることについて 3進路について)に続いて、生徒による学校紹介がおこなわれました。学校の概要についてでは、今年度行われる、講堂(体育館)の屋根の改修工事、来年度より校舎改築に伴い、エアコンが入る仮設校舎で生活することの説明等がありました。また、生徒による学校紹介では、好文生の一日の様子、部活動や行事等について20分程度にまとめ、補足しながら分かりやすく紹介され、その後音楽部による校歌斉唱が体育館全体に響き、全体説明会が終了しました。

全体説明後に部活動見学がおこなわれ、日程を終了しました。

ご参加いただきました中学生の皆さん、保護者の皆様、本日はありがとうございました。

明日から夏期休業

 今年度78日間の学校生活を行い、いよいよ明日から夏季休業となります。
 2校時終了後、全校集会が行われ校長先生より、部活動等素晴らしい成績を残した部もあり、充実した学校生活を送ることができた人も多いと思いますが、これまで個々がどのような生活だったのか確認をして、この夏休み中は体調管理と交通事故に気をつけ、それぞれの目標に向かって取り組み、休み後は欠席0の学校にしてほしいと話されました。
 全校集会後は、賞状伝達があり、沢山の生徒が表彰されていました。また、今回インターハイに出場される、弓道部の千葉春香さんより、「慣れない環境の中で、一射、一射を大事にして取り組み、競技を楽しんできます」と元気に決意表明がされました。

 

好文祭 大盛況!!

 7月6日(金)・7日(土)に好文祭が行われました。今年のテーマは「皆乗好波―あなたも私もイイ波乗ってんね~―」です。一日目は文化部の発表や恒例となったクラス対抗ダンス大会が行われました。体育祭の翌週の好文祭にもかかわらず、各クラス朝や昼休み等を活用して練習に励んでおり、例年以上に高いレベルの大会になりました。二日目の一般公開では、548名の方々にご来場いただきました。ほとんどの模擬店では完売となり、文化部や有志団体よるステージ発表もとても見応えがありました。

 ご来場いただいた皆様に、あらためて御礼申し上げます。

 

以下に、実行委員長の原美恵さんのコメントを掲載します。

「皆乗好波―あなたも私もイイ波乗ってんね~―」というテーマのもと、好文祭が開催されました。今年は例年よりも準備期間が短くうまくいかないことや、ミスも多々ありましたが、「のど自慢大会」という新しい企画が始まり、ミス・ミスターコンテストを一般公開日にし、その場でQRコードによる投票、そして好文祭特設ホームページの開設など、たくさんの新しいことに挑戦しました。

 生徒はもちろん、先生方も初めてのことだったので、当日まで成功するかどうか不安でした。しかし、いざ本番になるとそのような不安は一瞬でなくなりました。想像以上に会場が盛り上がり、私たち実行委員も楽しく進行することができました。一般公開日はたくさんの来場者の方々に楽しんでいただき、まさに「イイ波」に乗って成功裡に終わることができました。

 最後になりますが、支えてくださった先生方やご来場いただいた皆様、OB・OGの皆様、本当にありがとうございました。

 好文祭実行委員長 原 美恵

 

体育祭終了!!

6月27日、28日に体育祭が行われました。天候が心配されましたが、無事に全日程を終えることができました。両日ともに3年生がさすがの強さを見せ、3年2組が総合優勝に輝きました。

以下に実行委員長の熊谷陽希くんのコメントを掲載します。

体育祭実行委員3年目、最後の体育祭は委員長として全体をまとめました。今年は例年より早期開催だったため、準備期間があまりありませんでした。しかし、当日は実行委員が中心となって、運営クラスのまとまりも随所に見られ、目標であったトリプルE(Enjoy,Effort,Exciting)を達成することができました。体育祭でできたクラスの絆が、これからの様々な活動や行事を経て、さらに深まってほしいです。

3年 熊谷 陽希

JRC花いっぱい運動

 本校のJRC同好会は、1年生9名、2年生18名、3年生16名の合計43名で活動しています。生徒会活動や部活動を行いながら取り組んだり、ジュニアリーダーをしながら取り組んだりと、それぞれの形で参加しています。

 校内では、緑化活動として昇降口と最寄り駅に花を植えて水やりをするほか、募金活動やリサイクル活動も行っています。校外では、JRCのトレーニング合宿に参加したり、さまざまなボランティア活動やや募金活動をしています。

 6月20日と22日の放課後には、マリーゴールドの花苗を植えました。これから夏に向けてみなさんを笑顔にできるよう、一つ一つ丁寧に、色の組み合わせを考えながら行いました。好文祭に向けて、今は模擬店の準備の真っ最中です。
「気づき、考え、実行する」の考えのもと、同好会のメンバーだけでなく、多くの人に広めて一緒に参加することを目標に活動しており、より多くの達成感を得られるよう、頑張っています。

 

【県総体】弓道部 女子個人でインターハイ出場

 6月2日から行われた県総体で、私は個人2位、射道優秀賞を取ることができました。昨年度、好文館は男子団体、個人ともにインターハイ出場を決め、団体では射道最優秀賞を受賞していました。そんな素晴らしい先輩方に頂いた指導はどれも的確で、また練習への姿勢や緊張感は勉強になるものばかりでした。そして自分も先輩方のように的中だけではなく、射の内容まで評価される選手になりたいと思いました。

 その目標を達成するために、限られた練習時間の中で、その日の目標を設定して、それをどうすれば必ず達成できるのか、試行錯誤を繰り返してきました。他の高校の選手を見て、自分の好きな射形の方を探したり、自分なりに分析してみたり、知識も技術も未熟でわからないことばかりでしたが、先輩方や周りのみんなのアドバイスのおかげで少しずつ自分の思う良い射に近づくことができました。

 大会2日目の個人戦では、前日まであまり調子が良くなかったことからいつも以上に緊張して不安でいっぱいでした。ですが、応援席に好文のみんなが見えてとても励まされました。
 予選を8射7中で通過し、最終的な総的中は20射16中で、2位、射道審査の結果、射道優秀賞を取ることができました。上位大会への出場権を手に入れた喜びと、1射の重みや大切さを改めて感じた1日でした。

 6月23日に山形で行われる東北大会、8月2日に静岡で行われるインターハイに出場することができるので、周りの雰囲気や緊張感に左右されずに堂々と自分の射ができるように、より具体的な目標を立て、自分にプレッシャーをかけながら、質の良い練習を心がけて頑張りたいと思います。

2年 千葉晴香

AED・心肺蘇生法講習会

 6月14日(木)本校職員を対象にAED・心肺蘇生法講習会がおこなわれました。
 この講習会は、毎年おこなわれ、今回も石巻消防署南分署職員2名を講師として救急車が来るまでの救命処置として基本的な心肺蘇生法とAEDの使用について実施しました。
 救急車が到着する時間はその地域によって異なり、本校の場合約5分ということでした。心肺停止になった人への措置として救急車が来るまで心蘇生法を続けておこなうこと、AEDを使用することの重要性について改めて学ぶことができました。
AEDは、本校でも保健室前と体育館に設置しています。

好文祭特設サイト2018プレオープン!!!


好文館生徒会キャラクター うめぴよ

好文祭 7/7 9:00~13:00 開催!!

 

好文祭特設サイト2018では、パンフレットでは伝えきれない詳細スケジュールや模擬店情報、スタンプラリーや祭の様子などをお伝えします。

配付する好文祭パンフレット記載のQRコードからジャンプできます。ぜひご活用ください!

【県総体】空手道部 女子団体組手・女子個人形 東北大会出場

 5/31(木)から3日間,角田市で空手道競技の県総体が行われました。その結果,女子団体組手が3位,女子個人形では1年梶原まひるが3位となり6月22日から秋田県武道館で行われる東北選手権大会に出場することになりました。

3年生は東北大会で引退となりますが,ここまでこれたのも空手道部を取り巻く先生方先輩方をはじめ多くの方々のご指導のおかげだと思っています。感謝の気持ちを胸に秘めて東北大会を戦ってきたいと思います。応援よろしくお願いします!!! 

(3年 平塚こころ)

【県総体】陸上競技部 男子走幅跳 優勝!!

 宮城県高校総体陸上競技大会が,5月25~28日に,グランディ21・宮城県総合運動公園ひとめぼれスタジアムで行われました。
地区総体を勝ち抜いた本校陸上競技部生徒26名が,自分の実力を発揮した有意義な大会でした。
特に男子走幅跳では,本校3年・本田龍之神,2年・齋藤拓海の2名が決勝ラウンドまで残り,3年・本田龍之神が7mの大ジャンプを見せ,見事優勝しました。
石巻地区で7mジャンパーが出るのは,実に26年振りのことでした。今後6月14日から東北大会が始まります。今後とも応援よろしくお願いします。

【地区総体】 女子バスケットボール部 地区大会優勝!

 私達女子バスケットボール部は、5月12日から14日に行われた地区総体において優勝することができました。日を追うごとにつれ、チーム全体としての団結力、目標への意識が強くなり決勝戦ではコート上の5人だけでなく、ベンチメンバー、応援に来てくださった方々全員一丸となって戦うことができました。

 

 試合を通して良い点ばかりではなく、多くの課題も見つかり、一つでも多く改善できるよう19人全員で‘継続徹底’を意識し努力していきます。



 最後に、この大会を通して改めて応援されることの幸せ、素晴らしさを感じることができました。最大の目標である県大会ベスト4を達成できるよう頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

3年次進路別ガイダンス開催(大学21校, 短大2校, 専門学校18校参加)

5月23日(水)3年次の進路別ガイダンスが行われました。今年も岩手大学, 宮城教育大学, 宮城大学, 東北学院大学, 東北福祉大学, 東洋大学, 明治学院大学, 聖和学園短期大学, 仙台医療センター看護助産学校など県内外合わせて多数の大学・専門学校から講師を招き開催することができました。体育館と10教室の会場に分かれてそれぞれ自分の希望した2つの学校の学校案内や入試情報を聞く内容となっており, いずれの会場でも講師の話を真剣に聞く生徒の姿が印象的でした。また就職希望者に対しては, 公務員希望者は2時間連続の課外講習, 民間企業求職者は個別就職相談を実施しました。

 

【地区総体】 女子バレーボール部 地区優勝!

私たちは、地区優勝、県大会ベスト8を目標に掲げ、「己に勝れ」「努力に勝る天才なし」を合言葉に日々練習に取り組んで来ました。

  国体予選兼選手権大会本戦では常磐木に敗退してしまいました。その悔しさをバネに,石巻支部総体では,石巻北,桜坂,石巻西,石巻商業,石巻の5校すべてに2-0で勝利し,念願の地区優勝を果たすことができました。これで,昨年度の夏季大会、地区新人,今年度の地区総体の3つの地区大会を制覇し三冠を達成しました。

 次は県大会です。応援よろしくお願いします。

【地区総体】 卓球部 男子 個人・団体で県大会出場

卓球競技は、12日(土)・13日(日)の2日間、石巻市総合体育館にて行われました。

男子学校対抗戦では、対石巻工業戦は0-3で敗れたものの、石巻商業戦を3-2、宮城水産戦を3-0で勝利し、3位で県大会に進出することになりました。計6回の練習試合を通して、チームとして戦う力、仲間を支え合う力が身についたように感じました。

男子ダブルスは残念ながら上位進出のペアはありませんでしたが、男子シングルスでは2年後藤がベスト8に入り、1名が県大会進出となりました。また、唯一の女子部員がシングルスに出場し、初戦で敗れたものの、接戦に持ち込む健闘を見せました。

県大会では、学校対抗戦でもシングルスでも、各自が「1点をどう取っていくか」を緻密に考え、「緩急を意識した卓球」と「相手に考えさせる卓球」を実践して勝利を引き寄せられるよう頑張って参ります。今後とも好文館卓球部の応援を宜しくお願いします。

【地区総体】 男子バスケットボール部

バスケットボール競技は12日(土)から三日間、石巻高校と石巻好文館高校を会場に実施されました。

予選ブロックの石巻工 業戦は、相手が実力的に一枚も二枚も上で点数的にも離され負けてしまいました。県大会出場を掛けた石巻商業戦は最初から気迫を全面に押し出し五分五分の試合展開となりましたが、残念ながら健闘及ばず11点差で敗れてしまいました。しかし前年度まで歯が立たなかった相手を、あと一歩のところまで追い詰めたことは評価出来ると思います。続く5・6位決定戦では前回まで接戦を演じていた石巻西高校でしたが、今回は大きく点数を離し勝利することが出来ました。今回の大会を通じて部員達(特に3年生)の成長を感じることが出来ました。3年生は残念ながら引退になりますが、これまで努力してきたことは無駄では無かったことを感じたと思います。これからの人生に活かしてもらえればと思います。1・2年生はあと一歩の壁を乗り越えられるように今後期待します。最後に応援をしてもらった各部の生徒諸君に感謝致します。これからも応援よろしくお願いします。

【地区総体】 剣道部 団体県大会出場 男子個人優勝・準優勝ともに好文館!

剣道部は石巻西高校を会場に、2日間、団体戦・個人戦を戦いました。

団体戦では、男女とも準決勝で敗れてしまい、惜しくも3位という結果になりました。しかし、それまでの試合では、部員全員が代わる代わる活躍をし、チーム一丸となって戦うことができました。

個人戦では、男子3年亀井と2年鈴木の二人が決勝戦にコマをすすめ、優勝・準優勝を好文館が独占する結果となりました。決勝は延長戦にもつれ込んだ末、亀井が先輩の強さを見せつけ、昨年の準優勝の悔しさを晴らす、見事な優勝をおさめました。

2日間の大会で良いところを発揮するだけでなく、伸びしろも見つけることができました。県総体に向けて、また一層努力をしていこうと思います。

1年次対象 保健講話開催

5月16日(水)に1年次対象保健講話が行われました。1年次全員と保護者の方が参加しました。内容は,本校スクールカウンセラーの岡里美さん(臨床心理士)による,「友だちって何だろう~コミュニケーションについて考えよう~」というテーマでのお話とワーク(活動)でした。同じ情報を与えられても個人毎に受け取り方が違うことを体験するワークからは,コミュニケーションの取り方の難しさを知ることができました。また,コミュニケーションを円滑にするための基本的な方法である「アサーション」(自分も相手も大切にしたさわやかな自己表現)の考え方を学びました。一人で自分と向き合う時間の大切についてもお話がありました。事後の感想文に「アサーションの考え方は非常に参考になった」という記述が多くありました。

岡里美さんのお話

ワークに取り組む生徒

【地区総体】 陸上競技部 3年次全員県大会出場

今年度の地区総体では陸上部の3年次全員が県大会出場を成し遂げることが出来ました。この2年間みんなで声を掛けあいながら一つ一つの練習を着実にこなしていった結果だと思っています。この陸上部のメンバーで活動できる時間を大切にして,一人でも多くの選手が東北大会,インターハイへとつなげられるよう,県総体でも頑張りたいです。

部長 佐々木 友汰

【地区総体】 ソフトテニス女子 個人戦優勝!

5月12日から14日の3日間、にっこりサンパークテニスコートで地区総体が行われました。

個人戦では、佐藤杏海・星未来ペアが予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメントに進出しました。準決勝では、石巻西高校のペアに何度も追い詰められながらもファイナルで粘り勝ちし、決勝では桜坂高校のペア相手に自分たちのプレーを貫き、見事優勝することができました。好文館にとっては6年ぶりの優勝となり、悲願を果たすことができました。また、敗者復活戦に進んだ澁谷梨花・片岡亜美、茄子川友菜・千葉若奈、丹野あい香・髙橋瑠奈の3ペアも、リーグ戦を戦い抜き、県大会出場を決めました。団体戦では、苦戦しながらも石巻西高校との決勝戦まで勝ち進みました。しかし、力及ばず負けてしまい、準優勝という結果になりました。

県大会まであと2週間という残り少ない期間を大切に、日々の練習に臨んでいきたいと思います。

吹奏楽部 定期演奏会 大成功

 5月4日・5日の2日間,遊楽館かなんホールにて本校吹奏楽部の第13回定期演奏会が行われました。2日間とも満席になる大盛況で,部員一同演奏にも力が入りました。

今年はブラックライト劇「美女と野獣」を披露しました。2・3年生の演奏をバックに,入部したての1年生がキャラクターを上手に演じてくれたようで(演奏中は前が見られないので,後でビデオで確認しました),春休み中からの準備が成功しとてもうれしかったです。

 次の目標は夏の全日本吹奏楽コンクール(夏コン)です。昨年は残念ながらあと一歩で東北大会出場を逃したので,今年こそは,という意気込みで練習に励んでいきたいと思います。

 ご来場いただき,ご声援を賜った皆様。大変ありがとうございました。これまで支えて下さった,家族,先生方,協賛いただいた皆様,後援会の皆様。大変ありがとうございました。夏コンに向けてさらに気合いを入れて頑張りますので,これからもご支援賜りますようお願いします。

吹奏楽部部長 齋藤暁寧(3年)

 

【地区総体】 応援団 go go peanuts !

普段は石巻地区唯一のチアリーディング部として活動しているピーナッツですが、もう一つ応援団の顔も持っています。五月初めに「全校応援練習」を取り仕切り、地区総体・県総体では応援生徒をまとめる応援団として活動します。普段の可愛らしいチアリーディングユニフォームとは全く違う応援団着に身を包み、エールを送り、応援歌を歌い、選手と同じ気持ちで試合を応援します。そして勝利したときに歌う「凱歌」の誇らしさ。
 今年は一般生徒も例年以上に応援歌やエールを覚えてくれて、「八重桜」や「がんばれ」「チームファイト」を各会場で披露し一緒に「凱歌」を歌う機会も多かった地区総体でした。これからも応援団としてのピーナッツをよろしくお願いします。

いざ、出陣!

5月9日に総体壮行式が体育館で行われました。各運動部がユニフォーム姿で整列し、各部の主将から力強い決意表明がなされました。また、応援団と応援生徒によるエールも行われました。応援練習の甲斐あって、体育館中に応援歌が響き渡っていました。

いよいよ明日から地区総体が始まります。運動部の皆さん、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮し、活躍されることを好文館一同願っています。好文ファイト!!

 

応援練習で心を一つに

5月7日、8日の2日間、全校での応援練習が体育館で行われました。

本校のチアリーディング部PEANUTSが、応援委員として凱歌や応援歌、エール練習をリードしました。1年生は初めての応援練習でしたが、上級生とともに練習に励むうちに声量も増していき、全体での一体感が生まれました。

今週末(12日、13日、14日)の地区総体や来月上旬の県総体では、各会場で本校の凱歌が歌われることでしょう。運動部の選手・応援生徒が一枚岩となって試合に臨み、多くの勝利がもたらされることを願っています。

空手道部 春季合宿

5/3(木)から5/5(土)にかけて国立岩手山青少年交流の家でおこなわれた東北地区の強化合宿に参加してきました。2泊3日の中で他校と練習試合をしたり交流したりと有意義で楽しい合宿でした。来週にせまった支部総体で持っている力を発揮できるよう残りの練習期間を頑張ります。応援よろしくお願いします!!!

PTA総会開催

 4月27日(金)に平成30年度のPTA総会が行われました。

 5時間目の授業を授業参観として公開しました。13:55からの総会には,PTA会員約130人に参加いただき,昨年度の行事・諸会計の報告の後,本年度の行事・諸予算案が承認されました。また,総会終了後には部活動集会が開かれ,短時間ではありますが顧問と保護者との親睦を深めることができました。

 平日の開催については,昨年度の事後アンケートでおおむね好評だったことから,今年度も継続して行いました。

 今後とも本校の教育活動に対しまして,ご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

2年次 甲斐たいむ 分野別課題研究 基礎講習(3)

4月26日(水)に甲斐たいむを行いました。2年次の甲斐たいむは,分野別課題研究   基礎講習の3回目になりました。今回は,マインドマップから見つけたキーワードから問いを作成しようというものです。

研究テーマの要となる問いをつくるポイントは,大きすぎないこと・専門的すぎないこと・疑問の形(YESかNOかで答えられる形)になっていることの3点です。

2年次は頭を抱えながらも何とか作成していました。

次に,つくったテーマを周りの友人らと発表し合い,年次全員で出会った人と発表し合うなど,出来る限りたくさんの人と発表し合いました。問いのテーマ性やテーマの形は多様であることに気付けたようでした。

硬式野球部、コールド勝ちで涌谷高校に勝利!

 4月21日、春季宮城県高等学校野球東部地区大会が開催されました。初戦の石巻工業戦では、2対5で敗れましたが、22日の敗者復活戦初戦、涌谷高校との試合は7対0の7回コールドで快勝することができました。次の試合は石巻西高校です。一戦一戦を大事にし、県大会出場を目標に最後まで戦い抜きます。

 

 

 

 

対面式

4月10日(火)、新入生と在校生の初めての顔合わせとなる対面式・部活動紹介が体育館で行われました。

対面式では、新入生に対し、亀山校長、生徒会長の佐藤友晟さんから歓迎の言葉が贈られ、新入生代表の小野寺莉香さんの誓いの言葉からは、高校生活に対する不安の中に強い期待の気持ちが感じられました。部活動紹介では、生徒会役員が好文館高校をテーマパークに見立て、そのガイドをイメージした進行を行いました。そして、各部活動が趣向を凝らしたパフォーマンスを行い、各部活動の良さを新入生にPRしました。

 好文好武、すなわち、文武両道を目指し、素敵な高校生活を送りましょう。

東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合国歌斉!音楽部!!

こんにちは。音楽部です。私達は4月6日(金)に楽天生命パーク宮城にて、2018年度東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合国歌斉唱に出演させて頂きました。今回はあいにくの雨天候となりましたが、約3万人の観客の皆様に私達音楽部の歌声が届けることができました。また試合も観戦することができ、則本選手が記念すべき大会記録を打ち出したり、久々の快勝を成し遂げたりと、記憶に残る試合となりました。私達自身も新たな体制での初イベントが大成功という形で終えることができ、貴重な一日となりました。これからも日々の積み重ねを大切にして頑張ります。(音楽部部員一同)

2年次甲斐たいむ 分野別課題研究(2)

先週行われた2年次の甲斐たいむでは,マインドマップの作成を行いました。

みなさんは自分の得意なことや自分の性格,そして自分がどんなことに興味を持っているのか,理解していますか?実は自分のことでも意外とわからないものです。本日は,「マインドマップ」を使って自己分析を行い自分の関心のある領域を洗い出す作業を行いました。

(※Mind Map(R)およびマインドマップ(R)はBuzan Organization Limited(1990)(www.ThinkBuzan.com)の登録商標です)




次回は,自分の興味関心を問いへとつなげるために,問いの作り方について学習していきます。そろそろ個人研究へつながる内容まで深まってきました。自身の分野別研究が内容の深いものになるかどうかは,具体的な問いが立てられるかが大きな要になっていきますので,次回の甲斐たいむにもご期待ください。

美里町長杯争奪県北高等学校弓道大会 女子団体優勝

 私たち弓道部は美里町長杯争奪県北高校弓道大会に出場し、女子団体は昨年に引き続き4年連続で優勝杯を勝ち取ることができました。前日の練習ではチームの調子が上がらず、少し不安な中での大会でしたが、当日は自分たちのペースで試合を進めることができて良かったです。総体前最後の大会で優勝できたことや男女ともに入賞できたこと、新2年生の入賞など私たちにとって勢いをつけるきっかけの一つになったと思います。課題点もまだまだあるので、昨年度に続く団体でのインターハイ出場の目標に向けて、残り短い練習期間ではありますがより一層練習に力を入れていきたいです。

3年 黒澤寧音

【大会結果】

女子団体 第1位 好文館A(千葉晴、黒澤、植木)

女子個人 第1位 西村華歩(2年)
     第2位 黒澤寧音(3年)
     第3位 千葉晴香(2年)

男子個人 第4位 保原亮太(3年)

2年次甲斐たいむ 分野別課題研究基礎講習(1)ガイダンス

2年次の甲斐たいむがスタートしました。
今年度の2年次は、分野別課題研究です。
本日は、研究とは何か、研究の一番の軸である問いとは何から生まれるのかをガイダンスで行い、 1年間どのような学習を行っていくかを年次全員で確認しました。

その後グループごとに、グループ全員の共通の好きなもの・好きなことは何か、
グループの中で自分1人だけが好きなもの・好きなことは何かを話し合う活動を行いました。

自分1人だけが好きなものや好きなことというのは自分のアイデンティティに繋がる第一歩かもしれません。

次回は、自分の興味・関心分野をさらに掘り下げていきましょう。

女子バレーボール部

私たちは、地区優勝、県大会ベスト8を目標に掲げ、「己に勝れ」「努力に勝る天才なし」を合言葉に日々練習に取り組んでいます。

 昨年度は地区新人優勝、3月の国体予選兼選手権大会では登米産業・仙台三・城南の三校を勝ち抜き予選通過し、本戦出場となりました。

 今勢いに乗っている女子バレーボール部に入部したいみんなを待っています。

公務員課外始まる

外部講師による公務員課外講習が4月16日から始まりました。本校では6年以上に渡り, 仙台総合ビジネス公務員専門学校から安部卓也先生をお呼びし, 公務員採用試験に向けて全14回の講習を行っています。震災以降公務員希望者が増加している本県では, 今年度も激戦が予想されます。平成31年度公務員採用試験合格を目指して, 公務員希望の3年次生が講義に参加しました。先輩方に続くことができるよう, 一層気を引き締めて講義に聞き入っていました。

6年目の日々是好文!!

「日々是好文」は6年目を迎えました。今年度も好文生の活躍を中心にお伝えしていきます。

 いよいよ平成30年度がスタートしました。4月9日の午前中に新任式と始業式が、午後に入学式が実施されました。

 午前中に実施された新任式では、16名の新しくいらした先生方が紹介され、生徒会長の佐藤友晟君が、「好文館は文化祭や体育祭など、先生方も参加できる行事があるのでぜひ一緒に楽しんでほしい。」という歓迎の言葉を述べました。

 午後の入学式では、新入生200名が無事に入学を許可され、晴れて好文生の一員となりました。好文館高校の制服に身を包み、高校生活の3年間にどのくらい成長していくのかとても楽しみです。式辞では本校長亀山勉が、「本校は伝統ある学校であり、多くの偉大な先輩方を輩出してきた。誇りを持って生活してほしい。そして、常に学び続ける姿勢を保ち、あらゆる事に興味、関心を持ってほしい。」という内容を述べました。つづいて、新入生代表の阿部樹さんが力強く宣誓し、式終了後には音楽部による校歌を聞きながら、新入生はこれから始まる学校生活に期待を高めていました。

 4月10日からは本格的に学校生活が始まります。今年度も好文生の活躍にご期待ください!